ダウンロード
Whoscallダウンロード

国際電話詐欺に注意!被害事例やその対策方法を理解しよう

詐欺電話やSMS対策
2021-03-26 | Whoscall

目次

国際電話詐欺に注意!被害事例やその対策方法を理解しよう

最近、国際電話通話料が取られたり、個人情報を盗まれたりする国際電話詐欺が出回っています。
このページでは、国際電話詐欺について、見分け方、考えられる被害、対策方法を紹介します。国際電話が何度もかかってきて困っているという人は、ぜひチェックしてみてください!

▶国際電話を安心に、電話番号通知・迷惑電話対策アプリの Whoscall はこちら

ダウンロードの画像

国際電話の見分け方は?

国際電話は、「+」から始まっている電話番号です。
たとえば「+81」から始まる電話番号は、日本の電話番号であることを表している国際電話で、見たことあるという人も多いと思います。

その他には、アメリカは 「+1」、中国は 「+86」、イギリスは 「+44」、シンガポールは「+65」、ドイツは「+49」から始まっています。

国際電話では、このようにそれぞれの国や地域に「国番号」という番号がつけられています。
「国番号」は「どの国へ電話をかけるかを識別するためにつけられている番号」で、たとえば日本の国番号は「81」 です。

国際電話の詐欺被害例

国際電話の詐欺被害にはどのようなものがあるのか、被害の例をあげます。

国際ワン切り詐欺

国際ワン切り詐欺の想定される手口

「国際ワン切り詐欺」とは、犯罪グループがワン切り電話をしてきて、折り返し電話をすると通話料を搾取されるという手口。

犯罪グループがワン切り電話を無差別にかけて、着信した人が折り返し電話をすることでかかる国際電話通話料の一部が通信会社から犯罪グループに支払われるというものです。

最近、突然身に覚えのない国際電話番号から電話がかかってくるという国際ワン切り詐欺が多発してます。中には通話料を増やすために、電話を切らずに待機するよう促して、通話時間を引き延ばそうとしてくる手口も。

機器やソフトウェアの穴を狙った詐欺

機器やソフトウェアの穴を狙った詐欺もあり、たとえば IP-PBX(IP電話機)を狙った詐欺があります。

IP-PBX とは、オフィスで利用されてきたビジネスフォンで内線・外線通話ができる PBX (電話回線の交換機)の IP 電話機版のことです。

IP-PBX には、管理者や保守業者が遠隔からアクセスして設定を変更できる機能が備わってます。これを悪用し、ユーザーの知らないうちに内線端末が作られてしまうんです。
この不正に作られた内線端末から海外の料金を徴収するサービスに発信するという手口で、犯罪グループがその報酬を受け取るというもの。

機器やソフトウェアの穴を狙った詐欺

電話に出てしまうとどうなる?

国際電話の詐欺電話に出てしまうとどうなるのか見ていきましょう。

通話料を搾取される

国際電話の詐欺電話に出てしまうと、さっき説明したように、通話料を搾取されてしまいます。

電話している時間が長ければ長いほど、より多くの「国際電話料金」が取られます。
折り返してかけ直してきた人により長く通話させるために、意味のわからない話を延々と話したり、日本語で「友人や家族につなぐ」と言って待たせようとしてきたりすることもあるみたいです。
中には銀行口座などの個人情報について回答するよう促してくるものもあります。

たとえば昔あるケースは国番号(+33)からかかってきた不審番号に折り返すと、英語の自動音声で「数百万人の中からあなたが選ばれ、見事に 20,000 ユーロが当たりました。必要な情報を教えてください」という内容が流れてきます。

その後に続けて質問が流れてきて、ダイヤルキーや音声で性別、名前、年齢、銀行口座などの個人情報について回答するよう促してきます。

この詐欺では日本国内での逮捕例はないと思われ、詳細な手口は判明していないです。しかし、あくまでも憶測ですが、手口としては高額な通話料の一部は相手先の電話会社に支払われ、電話会社とつながっている犯罪グループへも支払われるようになっているようです。

電話番号を「カモリスト」に登録される

国際電話の詐欺電話に出てしまうと、自分の電話番号を「カモリスト」に登録されることがあります。
「カモリスト」とは、悪徳商法などで何度も騙された被害者の名前が一覧で載っている名簿のことです。

犯罪グループ側で「カモリスト」に登録されてしまうと、ターゲットにされてもっとたくさん詐欺の国際電話がかかってくることも。

情報流出の可能性も

国際電話の詐欺電話に出てしまうと、特殊なプログラムによって様々な個人情報を盗まれてしまう場合があります。
個人情報を盗まれてしまうと 、SNSのアカウントを乗っ取られてしまうことなどが考えられます。

電話に出てしまっても、すぐに切りましょう!
電話に出てみたら何を言ってるのかよくわからないという場合も、長時間聞き入らないように要注意。

国際電話の詐欺被害にあわないための対策方法

国際電話の詐欺被害にあわないための対策方法を紹介します。

特に国際電話に注意する

特に国際電話に要注意です。
「+」から始まっている電話番号は国際電話なので、確認して国際電話だとわかったら警戒しましょう。

ひとまず Junkcall などの迷惑電話検索サイトなどでかかってきた電話番号を調べてみて、安全な番号かどうか確認するのがおすすめ。
出るだけで「カモリスト」に登録されてしまうので、出てしまわないよう要注意です。

もし電話に出てしまった場合は、名前などこっちの情報を言わないようにして、すぐに切っちゃいましょう。

その後、無視していても何度もかかってくるようなら、これから紹介する他の対策を試してみてください。

警察相談所へ相談

あやしい国際電話が何度もかかってくる場合は、警察相談所へ相談しましょう。
警察総合相談電話「#9110」または、警視庁SOS47特殊詐欺対策に相談してみてください。

Whoscallの番号識別・迷惑電話対策機能

詐欺の国際電話などの迷惑電話防止できる「Whoscall」というアプリがあります。

国際電話にも対応しているので、国際電話の詐欺電話への対策にも効果的。
Whoscall
にある、迷惑電話を識別して拒否できる「番号識別・迷惑電話対策機能」が便利です。

AI 技術で不審な番号を検出して、詐欺電話などの不審な電話かどうか識別することが可能。東アジア最大のデータベースを使っていて、この膨大なデータベースによって迷惑電話を識別して拒否できます。

Whoscallの番号識別・迷惑電話対策機能

迷惑電話かどうかアプリによって識別した上で、その電話に対して「出る」か「出ない」かを判断できるんです。大事な電話を逃がすこともなくて安心。
不在着信についても迷惑電話かどうかしっかり判別してくれます。

ブロックリストに入れておくことで、迷惑電話からの着信をブロックできます。
ブロック方法には2つの方法があります。

1つ目は、アプリから 「着信拒否(ブロック)リスト」を選択し、ブロックしたい番号を入力してから着信拒否の設定完了するという方法です。

もう 1 つのは Whoscall プレミアム版にアップグレードし、「自動ブロック機能」を利用することです。Whoscall は毎週世界中の迷惑電話を統計収集分析し、迷惑度が高いと判定された電話番号からの着信については自動でブロックしています。

Whoscall には詐欺だった電話番号をユーザーが「報告」できる機能もあるんです。報告された電話番号は Whoscall のデータベースに反映されるので、他のユーザーも同じような詐欺電話を回避できます。

自分が被害にあうのを防ぐためにも、他の人が自分と同じような被害にあわないためにも効果的。

ダウンロードの画像


国際電話はできるだけ無視しよう

ここまで詐欺の国際電話について、見分け方、考えられる被害、対策方法を紹介しました。
国際電話は詐欺であることが多いので、心当たりのない場合はできるだけ無視しちゃいましょう。
何度もかかってきて困っているという場合は、ぜひ今回ご紹介した方法で対策してみてください!