ダウンロード
Whoscallダウンロード

「020」で始まる電話番号とは?020電話番号からの電話は迷惑電話なのか?

迷惑電話対策
2021-07-30 | Whoscall

目次

「020」で始まる電話番号とは?020電話番号からの電話は迷惑電話なのか?

「080」や「090」から始まる電話番号はよく見かけますよね。

でも「020」から始まる電話番号を見たことがあるという人は少ないんじゃないでしょうか。

「020」から始まる電話番号は、最近知られるようになった新たな電話番号。

この記事では、「020」から始まる電話番号について紹介します。

▶安心生活を手に入れる、電話番号通知・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウンロードの画像

020とは?

「020」2017 年 1 月の法改正により、「M2M(Machine to Machine)(マシン・ツー・マシン)」サービス専用として割り当てられた電話番号です。

「M2M」とは「マシン・ツー・マシン」、つまり「機器間通信」のことです。コンピュータネットワークにつながれた機械同士が、人間の力を借りることなく、相互に情報交換して自動で作動するシステム。

「M2M」はペットの見守りや,自販機の在庫管理、ATMの在庫管理、構造物のモニタリングなどに使われています。

020番号帯で新たに使えるのはおよそ 8,000 万回線ですが、M2M に使われる番号は 2020 年には 4,200 万に達すると予測されています。

【関連記事】050から始まる電話番号の正体や危険性は?

020電話番号が利用され始めた背景

IoT の広まりによる電話番号の枯渇を解消するために、総務省は「020」から始まる電話番号を携帯電話向けの電話番号として追加することに決めました。

「080」や「070」から始まる携帯電話番号は現在では一般的になっていますが、これらは「090」で始まる電話番号が不足したので後から追加されたもの。

「020」も「080」や「070」と同じように、電話番号が足りなくなったので補うために追加されました。

でもこの「020」は今までの「080」や「070」など電話番号と違って、ちょっと特殊な電話番号として割り当てられるみたいです。

「020」は M2M 専用で、格安 SIM のデータ専用回線として利用できるものとなっています。

どのようにして020番号を使うのか?

「020」から始まる電話番号は「NTTドコモ」「KDDI」「ソフトバンク」の3大キャリアで使えます。

主に IoT に使用できます。

M2M 専用となる「020」は、基本的にパケット通信のみを行うサービスが対象です。

SMS や音声通話を含むサービスも対象になるケースもありますが、利用者間で SMS を送受信するサービスは対象外になります。

020電話番号にかけても電話はかからない

「020」から始まる電話番号が利用できるのは M2M 専用の電話回線なので、「020」から始まる電話番号にかけても基本的につながりません。

また SNS なども対象外なので、「020」から始まる電話番号に SNS を送ろうとしても送れません。

020はもともとポケベルの番号だった?

もともと「020」から始まる電話番号は、ポケベルで使われてる電話番号でした。

ポケベルは「0204」番号帯でだけ使用されていていました。

今のデータ通信用には「0201」番号帯~「0203」番号帯、そして「0205」番号帯~「0209」番号帯を現在は番号通信に利用されています。

「020」から始まる電話番号は、その他インターネット FAX サービスの番号としても利用されています。

近年増えてきたデータ専用SIMの番号としても利用されている

近年格安スマホなどが増加してきています。とくに最近の若い人にはチャットやアプリ内通話を使っていて、電話を使わない人も多いです。

そこで増えてきているのが「データ専用SIM」です。

「データ専用SIM」は、電話には使えず、データの送受信にだけ使えるものです。

「データ専用SIM」である楽天モバイルや LINE モバイル、IIJmio モバイルなども 020 番号を使っています。

 020から始まる電話番号からかかって来たときはどうするべきか?

紹介したとおり、「020」から始まる電話番号は電話ができない電話番号なので、かかってくることはほとんどありません。

かかってきたとしても FAX などである可能性が高いです。

かけ直してもつながらないので通話料金もかかりません。

他のオススメの記事▶知らない番号から何度も電話がかかってくる・・・掛け直す前に、トラブルにならないよう対策を

電話番号を検索する方法と迷惑電話を防止できる対策

「020」から始まる電話番号は、電話番号が不足しているので新たに追加されましたが、このことからそれだけたくさんの人が電話を利用していることがわかります。

たくさんの人が電話を利用しているということから、その分迷惑電話などの頻度も増えると予想されます。

ここで迷惑電話対策に役立つ、迷惑電話検索サイトと迷惑電話防止アプリを紹介します。

電話番号を検索できる迷惑電話検索サイト「Junkcall」

かかってきた電話に出る前に、迷惑電話かどうかチェックしたい場合は迷惑電話検索サイト「Junkcall」がおすすめです。

検索窓に電話番号を入力して検索することで、迷惑電話かどうか調べることができます。

Junkcall」には迷惑電話だけでなく公的機関の電話番号も登録されていて、幅広い電話番号が載っているのでおすすめ。

迷惑電話を防止できる迷惑電話アプリ「Whoscall

かかってくる電話に出る前に迷惑電話かどうか知りたい、さらに迷惑電話をブロックしたいという場合は迷惑電話アプリ「Whoscall」がおすすめです。

whoscallを使うと自動で番号を識別してくれる

電話がかかってくると、「Whoscall」が迷惑電話として報告されている電話番号かどうか識別して「迷惑電話」と通知で知らせてくれるんです。

この通知を見て迷惑電話だとわかったら、ブロック機能で迷惑電話をブロックできます。

  • 自動着信拒否

「自動着信拒否」機能を有効にするだけで、Whoscall 独自のデータベースやユーザーから報告された頻発している迷惑電話番号からの着信を自動でブロックできるます。

自動着信拒否機能の設定方法

更に、自動着信拒否された迷惑電話の件数やリストがアプリで確認できるので見逃すことがなく安心できます。

  • 電話番号検索
whoscallの番号検索機能を使って電話番号を効率よく検索できる

アプリ内で電話番号を検索できる機能もあります。

何度もかかってくる電話の相手が誰なのか調べたいという時に、大きなデータベースの中から電話番号を効率よく検索できて便利。

      • 迷惑 SMS メッセージを振り分け
    さらに、迷惑電話だけでなく Whoscall は迷惑 SMS メッセージにも対応しているので一石二鳥ですね!
    「SMSアシスタント」機能でフィッシング詐欺を検出し、自動的にメッセージアプリの「迷惑メッセージ」フォルダに分類してくれるので、安全なショートメッセージだけお届けします。
    Whoscall独自の迷惑SMSフィルタリング機能「キーワードフィルタリング」

    Whoscall は現在「無料トライアル」実施中なので、今ならプレミアム版を無料でお試しできます!

     まとめ

    この記事では、「020」から始まる電話番号について紹介しました。

    「020」から始まる電話番号は、電話番号「080」や「090」に次いで新たに誕生した電話番号です。

    迷惑電話は迷惑電話検索サイト「Junkcall」や迷惑電話アプリ「Whoscall」を利用して対策しましょう!

    Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!