ダウンロード
Whoscallダウンロード
情報セキュリティに関する取り組み情報セキュリティに関する取り組み

Whoscallが誇る技術

膨大なデータベースと最新のAI技術を駆使して、
不審な電話番号を識別するシステムを開発。
安全で快適なコミュニケーション環境を提供します。

東アジア最大

16 億件以上の
電話番号情報を一元管理

各国行政組織の協力のもと、特殊詐欺に関する
膨大な情報を的確に収集。不審な番号を即座に
識別し、ユーザーに警告します。

高い実用性

ユーザーが提供する
情報の活用

Whoscallのダウンロード数は 9,000 万超。
世界中のユーザーから報告される不審な電話
番号を随時データベースに反映させるため、
実用性の高い情報を提供できます。

優れた識別機能

最新 AI 技術で
詐欺被害を未然に防ぐ

高度なAI技術で、詐欺の手口を分析・
予測し、不審な番号を迅速に識別。
詐欺被害を防ぐとともに、悪意のある
電話や発信者番号偽装を回避します。

情報の正確性

専用の部門による
番号情報の審査

Whoscallでは審査専用の部門を設置し、
ユーザーから報告されたデータを厳重に
審査しています。また、誤った報告や
不正確な情報を適時削除し、番号識別の
精度を向上させています。

ISO 認証取得

Whoscall の開発元である Gogolook は、2020 年に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の
国際規格「ISO 27001」の認証を取得しています。今後も信頼される企業でありつづけるために、
情報セキュリティマネジメントの維持、運用および改善に努めてまいります。

ISO/IEC 27017
Security Controls for the Provision and Use of Cloud Services
Download certificate

情報セキュリティポリシー

個人情報を厳格に管理Whoscallのサービスは、ユーザーに
正確な番号情報を提供することを
目的としています。
見覚えのない番号の発信者を瞬時に
見抜き、詐欺や嫌がらせなどの迷惑
電話被害を防ぎます。ユーザーが承
認したデータは厳格に管理され、第
三者に無断で転売・公開されることは
決してありません。

すべてのデータを匿名化ユーザーが使用・検索・通話した際の
番号識別記録は、すべて「匿名化」
技術により、個人を特定できない
匿名データに変換されます。
暗号化されていない個人データを無
断で使用したり、第三者と共有したり
することは決してありません。

不要なアクセス権限を制限アプリの各機能の有効化や機能性向上を
目的とした場合に限り、アクセス権限の
許可をお願いしています。
また、アクセス権限を求める際には、
使用目的に関する説明を必ず明示。
ユーザーは、アプリ上でいつでも
アクセス権限を取り消すことができます。

個人情報保護方針について

セキュリティに関してよくあるご質問

すべてのユーザーデータを守るため、Whoscallは二重暗号化を採用しています。スマートフォンでは共通鍵暗号方式のAESを、インターネット通信時はSSL暗号化を使用し、ユーザーから提供されたあらゆる個人情報は、特定できない匿名データとして扱われます。私たちはあらゆるデータを厳重に管理し、ユーザーのプライバシーを確実に保護します。

Androidユーザーに、より充実したサービスをご提供するため、アクセス権限の許可をお願いしています。例えば、「通話のデフォルト設定」の権限は、識別速度の向上およびブロック機能の安定のため、「SMS」の権限はSMS番号の識別機能を起動するために必要なものです。アクセス権限を求める前に、各権限の応用範囲について必ずご説明しており、ユーザーはいつでもアクセス権限を停止・拒否できます。ただし、アクセス権限を拒否される場合は、ほとんどのサービスをご利用いただけなくなります。詳細は下記リストをご参照ください。iOSでは、デバイスの制限により、プッシュ通知のアクセス権限の許可のみお願いしています。

【Android でアクセス権限が必要なサービス】
  • 「電話、通話機能、連絡先」の権限:電話番号識別、通信キャリア識別およびブロック機能を使用するため。
  • 「通話のデフォルト設定」の権限:識別速度の向上およびブロック機能の安定のため。
  • 「SMS」の権限:SMS番号を識別する機能を起動するため。
  • 「SMSのデフォルト設定」の権限:SMSをブロックまたは送信する機能を起動するため。
  • 「位置情報」の権限:店舗の電話番号検索機能を起動し、現在地周辺の店舗情報を表示するため。
  • 「写真、ビデオ、マイク」の権限:主にMMSでの使用のため(WhoscallでMMSサービスをご利用いただけます)。
モラルおよびプライバシー保護に反する行為であり、Whoscallがユーザーの通話内容を取得することは決してありません。