ダウンロード
Whoscallダウンロード

知らない電話番号からの着信時に相手を表示してくれるアプリ「Whoscall」を紹介

Whoscallの使い方
2021-08-31 | Whoscall

目次

知らない電話番号からの着信時に相手を表示してくれるアプリ「Whoscall」を紹介

知らない電話番号から着信があった時に「誰が電話してきているのか分からなくて不安」に思ったことはありませんか?

知らない電話番号から着信があったときに、誰が電話をかけてきているのか表示されたら、安心して電話に出られますよね。

弊社が提供する Whoscall では、知らない電話番号から着信があった時に、相手が誰なのかを表示することができます。

▶安心生活を手に入れる、電話番号通知・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウンロードの画像

着信時に相手が表示されることのメリット

着信時に相手が表示されることで、誰から電話がかかってきたのかがわかります。なので電話に出る前に出るかどうか判断でき、出たくない電話に出ることがなくなります。

迷惑番号のように出たくない電話であれば出ないで済みます。

知り合いからの電話や病院からの電話のように出る必要がある電話であれば出ることができます。

保険などの営業電話は、ちょうど保険に入ろうと思っていた人であれば出たいかもしれません。でも新たに保険に入るつもりのない人にとっては出たくない電話。

Whoscallを使ったら、着信した時自動的に電話の相手を識別してくれる

着信時に、相手が表示されることで、かかってきた電話すべてに出るのではなく電話に出るかどうか判断して、出たい電話にだけ出ることができます。

こうすることでストレスなく快適に過ごせるようになります。

なぜWhoscallを利用すると、着信時に相手を表示することができるのか

電話がかかってきた時に、Whoscall の膨大な電話番号のデータベースから電話番号を照合するので、どのような相手からかかってきた電話なのか表示することができます。

Whocall の電話番号データベースは東アジア最大のデータベース。

Whocall の膨大な電話番号データベースには、Whocall ユーザーが登録した情報、インターネットの検索情報、ブラウザの公開情報、政府機関から提供された情報が使われてます。

Whoscall 電話番号データ収集の仕組み

このようにいろいろなところからの情報が集まって、東アジア最大のデータベースが実現されてます。
日本だけでなく海外も含めた電話番号データベースとなってます。

この膨大な電話番号のデータベースから電話番号を照合するので、どのような相手からかかってきた電話なのか高確率で表示されるんです。「〇〇株式会社」と企業名が表示されたり、「迷惑電話」と表示されたりします。

これまでは毎週データベースを手動で更新しなければなりませんでしたが、最近プレミアム版に「データベースの自動更新機能」が新たに追加されました。

データの自動更新ができた

これなら Whocall の電話番号データベースは毎週アップデートされていて常に最新の状態が保たれてるので、新たな電話番号による迷惑電話もしっかり判別可能。

Whocall は日本だけでなく海外からの迷惑電話にも対応してます。

着信時に相手を表示したい方にはWhoscallがおすすめです

着信時に相手を表示させたい方には Whoscall がおすすめです。

ここで Whoscall をおすすめする理由を紹介します。

台湾のIT担当大臣主導・NHKでも紹介

Whoscall はコロナ対策で注目された台湾の IT 担当大臣「オードリー・タン」主導の元、政府と協力して運営されているアプリ。

Whoscall はコロナ対策で注目された台湾の IT 担当大臣「オードリー・タン」主導の元、政府と協力して運営されているアプリ。

コロナ禍に乗じてさらに増えている迷惑電話を 1 億件以上も阻止してるんです。
▶詳しくはこちら

Whoscall は NHK のまちかど情報室でもおすすめ商品として紹介されました。日本国内や海外からの詐欺電話を判別できるアプリとして評価されてます。

NHKや日本テレビでも紹介

世界中で9,000 万以上ダウンロードされている

Whoscall は世界7カ国で Google 社の年間ベストアプリを獲得してます。

現在は台湾をはじめ、日本、韓国、香港、タイ、マレーシア、ブラジルなど、世界中で 9,000 万以上ダウンロードされてます。

特に台湾では国民の 2 人に 1人 が Whoscall をインストールしていると言われてるほど。

セキュリティ面も認証されているので安心

Whoscall を運営しているのは Gogolook 社で、これの日本支社は Whoscall 株式会社です。これらの Whoscall を運営している企業は、利用者の個人情報を厳格に管理しています。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO 27001」の認証と、AWS 認定クラウドプラクティショナーの資格を取得済みです。

さらにシステムにセキュリティ上の問題があるかどうかを診断するペネトレーションテスト(Penetration Test)にも通過しているので安心。

日本「フィッシング対策協議会」の正会員で、同協議会と連携してます。

着信時に相手を表示させるならぜひ「Whoscall 」を

whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

Whoscall を利用すると、知らない番号から電話がかかってきた時もかかってきたのか判別して、「〇〇株式会社」や「迷惑電話」というように表示されます。

Whoscall には膨大な電話番号データベースがあるので、自分の端末に登録していない電話番号であってもデータベースを使って迷惑電話を判別できます。

Whoscall は迷惑電話をかけてくる電話番号として報告されているものを判別でき、ユーザーが簡単にブロック可能。

Whoscall のプレミアム版には「自動ブロック機能」があって、番号を入力しなくても詐欺電話などの悪質な電話番号である可能性の高い電話番号を自動でブロックできるんです。

自動着信拒否機能の設定方法

なので何度もかけてくる迷惑電話に出る必要がなくなります。日本だけでなく海外も含めて幅広く対策できます。

Whoscall を利用すれば誰から電話がかかってきたのかわかるので、電話に出るかどうか判断して、出たい電話にだけ出れば OK。迷惑電話など出たくない電話に出なくて済むので、ストレスがなくなりますね。

Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!