ダウンロード
Whoscallダウンロード

【注意喚起】非通知電話に出たら中国語の自動音声メッセージだった|対処法を伝授

迷惑電話対策
2021-11-01 | Whoscall

目次

【注意喚起】非通知電話に出たら中国語の自動音声メッセージだった|対処法を伝授

自動音声で中国語のメッセージが流れる非通知着信がかかってくることがあります。

最近、このような電話が増えていて、ネット上でも話題になっています。このような電話は詐欺である可能性があり、実際にお金を騙し取られる事件も起きているんです。

この記事では非通知でかかってくる中国語の電話について紹介します。

詐欺にあわないための対処法も紹介するのでぜひご覧ください。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑電話対策アプリの Whoscall はこちら

ダウンロードの画像

非通知電話に出ると中国語の音声が流れる

最近自動音声で中国語のメッセージが流れる非通知着信が増えていて、ネット上でも話題になっています。

非通知でかかってくる中国語の電話は詐欺の可能性があるんです。

最初に非通知でかかってきて、次に電話番号が通知された状態でかかってくることが多いみたいです。留守番電話に中国語のメッセージが入っている場合もあります。

非通知でかかってくる中国語の詐欺電話は、日本で暮らしている在日中国人をターゲットにした詐欺だと考えられています。

現在、日本で暮らしている在日中国人は 90 万人を超えています。在日中国人が増えたことで、在日中国人を狙った中国語の詐欺電話が増えたと考えられます。

音声ガイダンスを進めていくと架空請求される

非通知電話の音声ガイダンスに従って操作を進めていくと、架空請求に巻き込まれる危険があります。

ここで被害の実例を紹介します。実際に国際電話を受けた人がお金を騙し取られる事件がありました。

国際電話を受けた人が中国の大使館員を名乗る人物に「犯罪行為をした」と脅されて、そのまま 411 万円を振り込んでしまったそうです。国際電話を受けた人が、公安委員を名乗る人物に脅されて 250 万円を騙し取られた事件もあります。

他にもキャッシュカードから現金が抜かれていたり、様々な被害があります。

このように事件に巻き込まれて被害を受ける可能性があるので危険です。

中国語の非通知電話は詐欺の可能性あり

このように非通知でかかってくる中国語の電話は詐欺の可能性があります。

非通知の電話は詐欺である可能性があることを覚えておきましょう。

なぜ日本人の私に中国語の非通知電話がかかってくるのか

ではなぜ中国語の電話が掛かってくるのか。疑問と不安があると思います。

代表的なものとして 3 つ挙げて詳細に解説していきます。

SNS から流出した可能性

電話番号が流出するのは、SNS アプリから個人情報が流出したことが原因である可能性があります。

企業が個人情報を流出させたせいかもしれません。

身近な SNS として、次のようなものがあります。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

これらは有名な SNS ですが、どれも個人情報流出をしたことがあるサービスなんです。

アカウントを作成する時などに電話番号を登録することがありますが、もしかしたらどこかのサービスで個人情報が流出して、その際に電話番号が詐欺グループに渡ってしまったかもしれません。

怪しいアプリをインストールした

アプリをインストールしたせいで、電話番号が流出してしまった可能性もあります。

アカウントを作成する際に、SMS 認証を行うことがあります。

もしかしたら、SMS 認証で入力した電話番号が、知らないうちに情報流出したり売買されたりしたかもしれません。

電話番号が流出してしまうのを防ぐために、アプリをインストールする際は、他の人のレビューを参考にするなどして、怪しいアプリでないか確認するのがおすすめです。

第三者から漏れた

自分が原因なのではなく、自分の電話番号を登録している他の人の電話帳から、自分の電話番号が漏れてしまった可能性もあります。

スマホがウイルスなどによって乗っ取られて、電話番号などの個人情報が盗まれているケースも考えられます。

結論:現代社会で個人情報を防ぐのは難しい

このように現代社会で個人情報の流出を防ぐのは難しいです。

個人情報が流出するのを防ぐのは難しいですが、自分の身を守ることはできます。

中国語非通知電話の対処法

中国語でかかってくる非通知詐欺電話に対処する方法を紹介していきます。

ここからは自分の身を守るための対処法を紹介しますので参考にしてみてください。

無料アプリを導入して対策する

無料アプリを導入して対策するという方法があります。

ここで無料アプリ「Whoscall」を紹介します。

電話の相手が識別された想定の画像

Whocall は迷惑電話防止アプリです。非通知電話の着信を拒否できる機能があるので、非通知でかかってくる詐欺電話を防止できます。

Whoscall のプレミアム版には「自動着信拒否機能」という、悪質な電話と思われる電話番号などを自動でブロックできる機能があります。

Whoscallの迷惑電話自動着信拒否機能

この「自動着信拒否機能」では、電話番号を登録しなくても、詐欺電話などのような悪質な電話である可能性の高い電話番号などを自動でブロックできます。

Whoscall が毎週世界中の迷惑電話を統計分析して、迷惑度が高いと判定された電話番号からの着信を自動でブロックします。

いちいち着信拒否に登録する作業をしなくて済むので、普段悪質な迷惑電話が多くて悩んでいる人にはとくにおすすめ。

Whoscall自動着信拒否機能の設定方法

「自動着信拒否機能」について詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみてください▶着信拒否設定方法|iPhone・アンドロイドで迷惑電話を着信拒否

Whoscall には東アジア最大の充実した電話番号データベースがあり、このデータベースで照合してかかってきた電話が詐欺電話かどうか通知させることも可能。

Whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

中国語の非通知電話には出ない

中国語の非通知電話には出ないようにするのが効果的な対策になります。

詐欺電話に出てしまったら、詐欺に巻き込まれる可能性があり、電話に出てしまったことで使われている電話番号だとバレてしまいもっとたくさんかかってくるかもしれません。

かかってきても「通話終了ボタン」を押して無視したり、アプリなどで着信を拒否したりして出ないようにするのがおすすめ。

この記事も読まれています▶非通知電話は出るべき?安全?かかってきた際の対処方法を解説

まとめ:中国語での非通知着信がある場合は Whoscall を活用しよう

ここまで非通知でかかってくる中国語の電話について紹介しました。

最近、自動音声で中国語のメッセージが流れる非通知電話が増えています。このような電話は詐欺である可能性があり、実際にお金を騙し取られる事件も起きているので危険。

被害にあわないためには無視することが効果的で、Whoscall のような無料アプリでも対処できます。

この記事で紹介した内容を参考に、詐欺電話の被害にあわないよう対処していただければと思います。

Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!