ダウンロード
Whoscallダウンロード

Androidユーザー必見!専用の「SMSアシスタント」でSMSに記載された危険性のあるURLを見抜く!

Whoscallの使い方
2021-11-08 | Whoscall

目次

ABCお客様センターです。ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。ご確認が必要です。https://***.com」

「引き落とし結果のお知らせ http://***.com」

「【am**onより重要なお知らせ】ご本人確認の手続きをお願いします http://***.com」

以上みたいな SMS がよく携帯電話に送られてきて、お困りではありませんか?

知らない相手からのメッセージを受け取ったとき、テキストに含まれるリンクが有害かどうか、フィッシングサイトに誘導されないかなど、どうすれば簡単に見分けられるでしょうか?

そこで多くのユーザーのお悩みを解決するため、ついに Whoscall Android 版に「SMS アシスタント」機能がリリースされました🎉

「このメッセージ、開いても大丈夫?」と不安になることはもうありません。どんな機能なのか、さっそく見てみましょう👇

「SMS アシスタント」とはどんな機能か?

SMS アシスタントは、その名が示すように Whoscall があなたのアシスタントになり、SMS を安全にメッセージに管理します。

Android 版の SMS アシスタントには「SMS 自動フィルタリング」と「SMS URL 自動スキャン」この 2 つの機能が実装されています。

では、それぞれの機能と活用メリットを簡単にご紹介します。

  • SMS 自動フィルタリング:メッセージを受信すると、Whoscall は自動的にキーワードを識別し、メッセージを対応するフォルダに分類します。ご自分興味のある内容・重要な内容だけをチェックすることができるので、大事な時間を節約できます!

  • SMS URL自動スキャン:URL を含むメッセージを受信すると、Whoscall は自動的にテキスト内のURL をスキャンし、リスクの程度を通知します。メッセージを開くべきかどうかの判断をすぐにすることができ、危険性のあるリンクをタップしてしまう可能性を排除でき、フィッシングサイトから守ります。

    利用方法については、以下のステップで紹介するのでご参考にしてください。 

機能1:SMS を自動的に振り分け、無駄な時間を省く!

SMS の送信は低コストで到達性が高いため、短期間で詐欺グループの常套手段となりました。

そして人々が生活のあらゆる面で SMS を利用するようになったことで、SMS 詐欺被害も多発するようになりました。また、SMS は各種広告や宅配業者の配達通知、認証コード以外にもたくさん利用されています。大事な SMS がどこに行ったかわからないって思ってる人きっといるでしょう。

そこで SMS 自動フィルタリングの出番です!

「知らない相手からの SMS」を受信すると、WhoscallSMS 自動フィルタリング機能が作動しフィルタリング及び分類が自動的に行われます。

メッセージフォルダを開くと、すべてのメッセージが一目でわかります。



SMS 自動フィルタリング機能の使い方

*ご注意*

  • フィルタリングされるのは、連絡先に登録されていない相手からの SMS だけです。連絡先に登録されている相手からの SMS は、「一般のメッセージ」に振り分けられます。

機能 2:SMS URL自動スキャンでフィッシングサイトをシャットアウト!

受け取ったメッセージにリンクがあると、何も考えずにタップしてしまうことはありませんか? 

安全かどうか判断するのに時間を取られてしまうこともあるでしょう。そんなあなたには、SMS アシスタントがおすすめです!

知らない相手からの URL 付き SMS を受信すると、Whoscall は自動的にリンク先の URL をスキャンし、リスクの程度を知らせます。リンク先が安全かどうか、開いても良いかどうかを数秒で確認できるので、SMS に仕掛けられたフィッシングの危険性を回避するのに役立ちます!

SMS URL自動スキャン機能の使い方

3種類のスキャン結果で、開くかどうかの判断が可能

Whoscallの SMS URL スキャンによる検出結果は、Google フィッシング詐欺データベース(Google Evaluate API)と Whoscall 独自のデータベースの 2 つを主要情報源としています。

そのため、より一層の安全をお届けすることが可能となりました。

URL をスキャンすると、Whoscall はリスクの程度に応じて以下の 3 つの結果を表示します。タップするのが適切かどうか、必要としている Web サイトにだどりつけるかどうかを判断するお手伝いをします

  • リスクは検知されていません:URL からはリスクが見つかりませんでしたが、実際にリンクを開く際は安全にご注意ください。
  • 不審なSMS:個人情報が漏洩する可能性があります。必要のない場合、リンクを開かないことをお勧めします。
  • 危険性のあるSMS:個人情報漏洩の危険性を検知!このリンクを開いてはいけません!

また、この種の URL は常に変化及び増加しています。そのため、これら 2 つの情報源に未登録であった場合にのみ「不明な SMS」と表示されます。

よくある質問にお答えします!

  • Q1:「SMS URL自動スキャン」のスキャン結果に誤りがあります。どうすればよいですか?
    大変お手数ですが、弊社カスタマーサポートまでご連絡をいただきますようお願い申し上げます。一刻も早い問題解決に向けて尽力致します。

  • Q2:「SMS 自動フィルタリング」機能を使用する際、Whoscall はテキストメッセージの内容をアップロードしますか?
    Whoscall はデバイス内にデータベースを格納し、それに基づきフィルタリング及び識別を実行します。そのためユーザー以外の者がテキストメッセージの内容を知ることは決してございません。また、メッセージをアップロードすることもございませんのでご安心ください。


    SMS アシスタントに関しまして不明な点などございましたら、どうぞ弊社カスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。
ダウンロードの画像