ダウンロード
Whoscallダウンロード

バイト応募電話のかけ方|準備することや流れを詳しく紹介

電話応対のコツ
2021-12-01 | Whoscall

目次

バイトの応募をしていて、知らない電話番号から電話がかかってきたことはありませんか?

バイトの応募をしたのが一社だけであれば、知らない番号=応募先のバイトであるとわかります。でもたくさんのバイト先に応募してしまうと、どの番号がどのバイト先の電話番号なのかわからなくなってしまいますよね。

このような場合の対策として、無料で使えるアプリ Whoscall をおすすめします。

Whoscall を利用すれば、自分が電話帳に登録していない電話番号であっても相手を高確率で判別してくれます。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウロード画面

バイトの応募電話する前に準備しておくこと

バイトに電話で応募する前に、準備しておくことが3つあります。

  • スケジュールの把握

  • 求人サイトを調べる

  • メモを準備する

上記の 3 つについて詳しく紹介していきます。

スケジュールを把握しておこう

準備しておくことの 1 つ目は、自分のスケジュールを把握しておくこと。

応募するときに、面接の日程を合わせることになります。そのために自分のスケジュールを知っておく必要があるからです。

スケジュールを把握しないまま電話で応募してしまい、あわてて適当な日程を言ってしまうと、他の予定とぶつかってしまうかもしれません。

応募の電話をする前に、必ず自分のスケジュールを把握しておくことをおすすめします。

利用した求人サイトを確認しておこう

準備しておくことの 2 つ目は、利用した求人サイトを確認しておくことです。

応募の電話をすると、どの求人サイトを利用したのか聞かれるからです。

スムーズに答えられるように確認しておきましょう。

メモを手元に準備しよう

準備しておくことの 3 つ目はメモを準備しておくこと。

電話で応募すると、面接の日程や、面接に必要な持ち物を指示されるので、忘れないようにメモしておきましょう。

「シフトにどのくらい入れますか?」などと聞かれることもあるので、そのときに自分が言ったことをメモしておくと、あとで困らずに済みます。

メモしておかないと、失敗につながってしまうことがあります。たとえば、電話で指示されていた面接日の日にちを間違えてしまい、面接を受けられなくなってしまうかもしれません。

また電話で応募したときは「シフトに週 4 入れます」と言っていたのに、面接の時に「週 2 でお願いします」と答えてしまったりすると、評価が下がって落ちてしまう可能性があります。

このような失敗を防いできちんと面接を終えるためにも、メモを準備して、大切なことはメモしておきましょう。

バイトの応募電話に関すること

バイトの応募電話について、主に聞かれることや、電話をするのに適した時間帯などについて説明していきます。

バイトの応募電話で主に聞かれること

バイトの応募電話で主に聞かれることは次のとおりです。

  • 応募者の個人情報

  • どの広告を見て応募したのか

  • 面接日程

  • いつからバイトを始めるのか

  • シフトの希望時間

  • 週何日程度シフトに入れるのか

バイトの応募電話をする際の時間帯について

応募したバイト先がどのような業種なのかによって、応募電話をすべき時間帯は変わってきます。業種によって活動している時間が異なるからです。

コンビニ

電話をかけて良い時間帯:午前 10 時~午前 11 時頃・午後 2 時~午後 5 時頃

避けるべき時間帯:通勤や通学の時間・ランチタイム・ディナータイム

スーパー

電話をかけて良い時間帯:午後 1 時~午後 4 時頃・午後 7 時~午後 9 時頃

避けるべき時間帯:ランチタイムやディナータイムの来店客が集中する時間帯

居酒屋

電話をかけて良い時間帯:午後 3 時~午後 6 時頃

避けるべき時間帯:来店客が集中する午後 6 時以降

レストラン

電話をかけて良い時間帯:午前 9 時~午前 11 時頃・午後 2 時~午後 5 時頃

避けるべき時間帯:ランチタイム・ディナータイム

オフィス

電話をかけて良い時間帯:午前 10 時~12 時頃・午後 1 時~4 時頃

避けるべき時間帯:始業前・ランチタイム・夕方以降

バイトの応募電話で気をつけたいポイント

確認したいことがある場合は、スムーズに質問できるように、どのように聞くか文章を前もって準備しておきましょう。

実際に応募の電話をする際は、明るくハキハキと受け答えをしましょう。

そうすると印象が良くなります。

面接の日程を決める際や、面接時の持ち物を指示された際は、しっかりメモしておきましょう。

バイト応募電話の流れとトーク例

バイトの応募電話の流れとトーク例を紹介しますので、参考にしてみてください。

名前を名乗る

店員:お電話ありがとうございます。〇〇店〇〇です。

自分:お忙しいところ失礼いたします。私〇〇と申します。

担当者の確認

自分:この度はサイト〇〇でこちらの求人情報を拝見し、ご連絡させていただきました。採用担当の方におつなぎいただけますか?

担当者:お電話代わりました。採用担当の〇〇です。

自分:お忙しいところ失礼いたします。私〇〇と申します。この度はサイト〇〇でこちらの求人情報を拝見し、ご連絡させていただきました。今お時間よろしいでしょうか?

担当者:はい大丈夫です。

バイト募集の確認

自分:ありがとうございます。現在もアルバイトの募集を受け付けておられますか?

担当者:はい、受け付けています。

自分:ぜひ応募させていただきたいので、面接を受けさせていただけないでしょうか?

担当者:わかりました。

面接の日程・場所・持ち物の確認

担当者:いつがご都合よろしいですか?

自分:平日 17 時以降でしたらいつでも可能です。

担当者:それでは今週水曜日の 15 時はいかがですか?

自分:かしこまりました。

担当者:17 時に当店で面接を行います。写真付きの履歴書を持ってきてください。

あいさつをして電話を静かに切る

自分:かしこまりました。それでは当日どうぞよろしくお願いいたします。

担当者:はい、当日はよろしくお願いします。

自分:本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。それでは失礼いたします。

以下の記事では、正しい電話の切り方について紹介しています。かけた場合・着信の場合に分けて詳しく解説してあります。正しい電話の切り方も確認しておくと安心です。

正しい電話の切り方を詳しく紹介|かけた場合・着信の場合に分けて解説

バイトの応募電話でこんなときはどうする?

バイトの応募電話で次のような場合であったときの対応について説明します。

  • 留守電の場合

  • 担当者が不在の場合

  • 担当者が忙しい場合

それぞれ詳しく説明していきます。

留守電の場合

こちらから電話をかけて、留守電になった場合は、忙しくなさそうな時間帯に改めて電話をかけ直しましょう。

また、留守電なしで電話がかかってきていた場合は、「バイトの応募先かな?」と思っても、まずは相手が誰であるかを確認してから電話をかけるか決めるすべきです。

このような時にはアプリ「Whoscall」を利用することで、電話をかけてきた相手を確認できます。

Whoscall は発信元不明の着信履歴を識別できます。

発信元不明の着信履歴を識別

知らない番号からの着信に気づかなかったとしても、発信者情報を識別し通話履歴に表示します。かけ直す必要があるかどうかを簡単に判断できます。

>>具体的な折り返し電話のかける方法はコチラの記事ー折り返し電話なんて言うべきなの|就活やバイトで役立つ基本マナーを御覧ください。

担当者が不在の場合

バイト先に電話をかけて、担当者出ない人が電話に出て、担当者が不在だった場合は、伝言を頼んで担当者にバイトの応募で電話をかけたことを伝えてもらいましょう。

担当者が忙しい場合

電話をかけたときに相手が忙しくてかけ直してほしいと言われたら、相手の都合の良い日時を聞いて、改めて電話をかけ直しましょう。

まとめ

ここまでバイトの応募電話の正しいかけ方について説明しました。

前もって話す内容やメモなどを準備して、バイト先に合わせて相手の都合の良い時間を狙って電話をかけます。

実際の電話では、面接日程や持ち物など大切なことをメモしながら、明るくハキハキと話しましょう。

次の記事では電話のマナーについて詳しく説明しているので、より良い電話対応をするためにぜひ活用してみてください。

Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!