ダウンロード
Whoscallダウンロード

非通知着信が怖い、、解決策や非通知着信に関する豆知識も紹介

迷惑電話対策
2022-07-28 | Whoscall

目次

近年、非通知着信が急増しています。非通知電話は誰がかけてきているのかわからないので「非通知着信がかかってきて怖い」と思っている人は多いのではないでしょうか。
この記事では、非通知着信がかかってきて怖いという人に向けて、簡単にできる解決策をはじめ、非通知着信について紹介しているので、ぜひご覧ください。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

今すぐダウンロード


「非通知電話が怖い…」という人のための対策

誰がかけてきているのかわからない非通知電話は怖いですよね。非通知でかかってきた電話は相手を特定することができません。


なので非通知電話がかかってきて怖いという場合は、アプリや設定で非通知電話を拒否することをおすすめします。


解決策:アプリを導入する

非通知着信を拒否するのに便利なアプリがあります。弊社が運営する「whoscall」を活用すれば、効果的に非通知着信を拒否できます。


精度が高くて実績のあるアプリなので安心です。非通知電話や営業電話などの迷惑電話のほか、迷惑SMSにも対応しています。


解決策:iPhoneを設定する

iPhoneの設定で非通知を拒否設定にする手順は下記のとおり。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 電話をタップする
  3. 不明な発信者を消音をタップする
  4. 「不明な発信者を消音」のスイッチをオンにする

解決策:Androidを設定する

Androidの設定で非通知を拒否設定にする手順は下記のとおり。

  1. 「電話」アプリを開く
  2. 画面右上の 「メニュー」をタップする
  3. 「ブロック」をタップする
  4. 「設定」をタップする
  5. 「着信ブロックルール」をタップする
  6. 「非通知着信をブロック」のスイッチをオンにする

非通知が怖い場合の解決策:着信拒否以外の選択肢

着信拒否以外の選択肢として、下記の対策が有効です。

  • 無視する
  • 電話番号を変更する
  • 警察に相談する

無視する

無視するのも対策のひとつです。基本的に無視し続けていれば、電話がかかってこなくなります。それでも電話がかかってくる場合は、アプリや設定で着信拒否するのがおすすめ。


電話番号を変更する

番号を変更するのは効果的です。しかし電話番号は簡単に変えられないので、あまり現実的な手段ではないかもしれません。


警察に相談する

場合によっては警察に相談しましょう。ストーカーや脅迫など、事件性がある場合はすぐに相談してください。


結論:非通知着信が怖い場合は着信拒否がおすすめ

着信拒否することで非通知の電話がかかってこなくなります。非通知着信がかかってきて怖い思いをすることがなくなります。


迷惑電話防止アプリwhoscallは、迷惑な非通知着信を効果的に着信拒否できるのでおすすめ。電話がかかってきたときに相手がどのような相手かわかる機能などもあります。


非通知着信の相手を特定するのは難しい

非通知着信の相手を特定することは難しいです。相手が184をつけて非通知で発信すると、その端末から接続局に電話番号は伝わりますが、それ以降には電話番号が伝わらないといわれています。このようなシステム上の理由から、非通知着信の相手を特定することは難しいとされています。


まとめ

誰がかけてきているのかわからない不気味な非通知電話は、アプリや設定で着信拒否することをおすすめします。


着信拒否以外の対策としては、無視し続ける方法や、電話番号を変更する方法があります。場合によっては警察に相談することも考えましょう。

今すぐダウンロード