ダウンロード
Whoscallダウンロード

フリーランスにおすすめの営業5選|営業に伴う問題点も解決します

詐欺電話やSMS対策
2022-07-28 | Whoscall

目次


フリーランスは仕事を確保するために、自分で営業活動をしなければなりません。この記事では、フリーランスの方に向けていろいろな営業方法を紹介します。フリーランスで営業の仕方について知りたいという方はぜひご覧ください。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

今すぐダウンロード



フリーランスに営業は必要

フリーランスは営業活動をする必要があります。フリーランスは会社に属さずに一人で仕事をするので、仕事を確保するためには自分で営業しなければなりません。人脈が豊富にある場合などは知り合いからもらう仕事だけでやっていくことも可能ですが、人脈が豊富でないと難しいです。フリーランスが営業を行う方法を下記で紹介していきます。


フリーランスの営業方法

フリーランスの営業方法にはいろいろな方法があります。フリーランスの営業方法を5つ紹介します。


サイトを作る

仕事用のサイトを作り運用して営業する方法です。具体的には、サイトをつくり、SEO対策をしてサイトへのユーザーの訪問数をアップさせて、そこで仕事の営業をします。
自分の商品やサービスを紹介するのに合わせたサイトを作ることができます。集客できればアフィリエイトで副収入を得ることも可能。




SNSを利用する

仕事用のSNSを運用して営業する方法もあります。SNSで営業することで、自分の投稿をたくさんの人に見てもらえるので、多くの人に対して営業できます。手軽に取り組めるのもメリットです。それぞれのSNSの特徴と向いている商品やサービスを紹介します。


Twitter

Twitterには「リツイート」機能があり、ユーザーによって投稿がどんどん拡散されるというメリットがあります。しかし新しい投稿は見てもらえますが、古い投稿はなかなか見てもらえません。140字までと文字数制限があります。


新商品の宣伝など、リアルタイムな情報をどんどん発信するのに最適です。写真を載せなくても投稿できるので、形のないサービスにも向いています。


Instagram

Instagramは写真や動画がメインのSNSで、「インスタ映え」という言葉のもとになったSNSでもあります。写真や動画が目立つような作りになっているので、おいしそうな料理の写真やきれいな景色の写真など、視覚的に魅力的なものが人気です。


「ライブ配信」や24時間で消える「ストーリーズ」、縦動画を作れる「リール」など、動画の投稿のための機能も豊富。


アパレルや美容、旅行など、写真映えする商品やサービスにおすすめです。


TikTok

動画専門のSNSで、縦動画のみ投稿できます。時間が空いたときに気軽にサクサク見られるのが特徴です。

10~20代を中心に人気を集めていますが、最近は30~40代の利用ユーザーも増えています。




動画を手軽に投稿できるので、SNSで頻繁に動画を投稿したいという場合に合っています。「動画を投稿したいけど、YouTubeは編集するのが面倒…」と思っている方にもおすすめです。


Youtube

YouTubeではたくさんの動画が投稿されています。「テレビを見ないで代わりにYouTubeを見」るという人も増えているほどです。


長編の動画を作り込んでたくさんの情報を詰め込めることが特徴。ユーザーにしっかり説明して情報を伝えたい場合に合っています。たとえば英語のレッスンをしたり、ダイエットのための筋トレをレクチャーしたりできます。


条件を満たせば収益化も可能です。


クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトは仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人が集まるサイトです。有名なものだと、クラウドワークスやランサーズなどがあります。


様々な案件が掲載されているので、受注したい仕事に応募しましょう。応募した仕事を依頼されたら仕事をして報酬を受け取ります。


クラウドソーシングサイトを利用すれば、様々な案件を見つけることができます。未経験であっても受給できる仕事もたくさんあります。未経験で受給できる仕事は低単価の仕事になりますが、経験を積みながらステップアップしていくことが可能です。


知り合いに営業する

以前務めていた仕事で知り合ったクライアントなど、すでに知っている人に営業するという方法もあります。


自分のことを信頼してくれている知り合いに営業する場合は、仕事を任せてもらいやすくなります。仕事をしたのに報酬を受け取れないなどのトラブルになる心配もありません。


知り合いの知り合いに自分のことを紹介してもらうことで、さらに仕事を増やすことができます。


電話やメールで営業する

電話やメールでいろいろな企業に営業することも可能です。しかしこの場合、成約率はかなり下がります。しかし直接営業することで意欲を認めてもらえて案件を獲得できる可能性もあるので、自分が契約したい企業がある場合はチャレンジしてみてもいいかもしれません。


しかしいろいろな企業に電話やメールで営業していると、自分の電話番号やメールアドレスなどが流出して、迷惑電話や迷惑メールが増えることがあります。


営業が苦手ならエージェントを活用しよう

ここまで紹介した営業方法でなかなか良い仕事が確保できない場合は、営業エージェントを活用するのがおすすめです。


フリーランスが営業して仕事を確保するのをサポートしてくれたり、営業を代行してくれたりするサービスを利用するのもおすすめです。このようなサービスでは、営業をプロに任せることが可能。たとえば「セールスハブ」「サイドビズ」「カクトク」などがあります。


「セールスハブ」では2022年4月時点で25,000人以上の営業マンが登録しています。「side bizz」は会員登録数は5,000人以上で、現在では月間10万人の営業職や副業希望者が閲覧しています。「カクトク」では営業代行会社の登録者数が2021年8月時点で600社を超えています。


フリーランスになると営業電話が増えるので対策が必要

先ほど説明しましたが、電話やメールで仕事の営業をしていると、自分の電話番号やメールアドレスなどが流出して、迷惑電話や迷惑メールが多くかかってくるようになります。この問題への対策として迷惑電話防止アプリ「whoscall」が有効です。さらに迷惑電話防止アプリは経費とすることが可能。whoscallで悪質な電話やメールを防ぐことができるので、時間をとられることなく自分の事業に集中できます。


まとめ

フリーランスは仕事を確保するために営業活動をする必要があります。企業へ電話やメールで営業する他、クラウドソーシングサイトを利用する方法もあります。自分でサイトを作ったりSNSの仕事用アカウントを作ったりして営業することも可能です。営業が苦手な場合はエージェントを活用するのもおすすめ。


しかし電話やメールで仕事の営業をしていると、自分の電話番号やメールアドレスなどが流出して、迷惑電話や迷惑メールが多くかかってくるようになります。


アプリ「whoscall」を利用することで悪質な電話やメールを防ぐことができるので、ぜひ利用を検討してみてください。

今すぐダウンロード