ダウンロード
Whoscallダウンロード

「代表番号・代表電話」とは|代表個人の番号を開示している場合は対策が必要

迷惑電話対策
2022-10-03 | Whoscall

目次

この記事では代表番号や代表電話はどのようなものなのか解説しています。
代表番号の仕組みについても具体例をあげながら解説しているので、知りたい方はぜひご覧ください。

▶︎安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

今すぐダウンロード

代表電話と代表番号とは

「代表電話」とは、会社の窓口になる電話番号のことです。
代表電話の電話番号が「代表番号」です。
多くの会社はこの代表番号を会社のホームページやタウンワークなどの求人サイトなどに掲載しています。

代表電話の仕組み

代表電話にかけると、自動の音声案内やオペレーター、担当の社員などによって適した部署などに転送されます。
代表電話を利用することで、一度かかってきた電話を確認してから転送できるので、営業電話や不審な電話を排除することができます。

たとえば会社で「11-1111-1111」と「11-1111-2222」と「11-1111-3333」3つの番号を持っていて「11-1111-1111」が会社の代表番号だとします。
この場合、代表番号「11-1111-1111」に電話がかかってきたときに、他のどの電話機からも電話を受けることができます。
利用者には代表番号「11-1111-1111」だけを伝えるだけで済みます。

代表個人の電話番号が開示されている場合は「Whoscall」を導入しよう

個人や小規模の会社では、個人の電話番号を会社の電話番号として設定している場合があると思います。
個人の電話番号を会社の電話番号として設定していると、インターネット上に個人の電話番号が公開されることになるので、迷惑電話が増えてしまいます。

このような場合は、迷惑電話の対策としてアプリ「Whoscall」を導入することをおすすめします。
この「Whoscall」には電話がかかってきたときに、迷惑電話である可能性が高い場合はそのことを画面に表示して知らせてくれる機能や、迷惑電話である可能性の高い電話を自動でブロックできる機能などがあります。

今すぐダウンロード

まとめ

この記事では代表番号や代表電話について解説しました。
必要に応じてご紹介したアプリ「Whoscall」などで迷惑電話対策をしてみてください。