ダウンロード
Whoscallダウンロード

日本からアメリカへ電話する方法|アメリカの携帯電話番号には注意が必要

迷惑電話対策
2022-10-03 | Whoscall

目次

この記事では、日本からアメリカへ電話する方法を解説します。
アメリカへの電話に伴う国際電話詐欺のリスクへ対策する方法についても詳しく解説しますので、これからアメリカへ頻繁に電話する予定の方はぜひご覧ください。

▶︎安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

今すぐダウンロード

日本からアメリカへ電話する手順

日本からアメリカへ電話する手順は下記のとおりです。

  1. 「国際電話識別番号010」を押す
  2. 「1」を押す(「1」は日本の国番号です)
  3. かけたい電話番号にかける

たとえば、アメリカの「212-000-0000」という電話番号へかけたい場合は、「010-1-212-000-0000」とダイヤルします。

参考:https://america-keitai.com/howtocall-us-from-japan/

アメリカと日本の携帯電話番号の違い

アメリカと日本の携帯電話番号の違いについて、次のような点があげられます。

  • 固定電話と携帯電話の区別がない
  • 電話番号が1桁少ない

それぞれについて詳しくご説明します。

固定電話と携帯電話の区別がない

アメリカでは固定電話と携帯電話の番号の区別がありません。
日本だと、固定電話は各都道府県や市町村によって決められた03や04などの番号から始まり、携帯電話番号は090や080、070などから始まり、固定電話と携帯電話の番号に区別があります。
これに対して、アメリカにはこのような固定電話と携帯電話の区別がなく、住所に応じた番号が固定電話にも携帯電話にも同じように適用されています。電話番号を見て固定電話か携帯電話か判断することができません。

参考:https://amesma.net/blog/smartphone/usa-phone-number/61798/

電話番号が1桁少ない

日本に比べてアメリカは携帯電話の電話番号が一桁少ないです。
日本の場合、固定電話は10桁で、携帯電話は11桁です。
これに対して、アメリカは固定電話と携帯電話の電話番号に区別がないので、固定電話も携帯電話も10桁の電話番号になっています。
アメリカは日本の約3倍の人口がいるにもかかわらず、アメリカでは固定電話と携帯電話の区別がなく、日本の携帯電話より電話番号が1桁少ないので、アメリカでは常に電話番号が不足しています。

参考:https://amesma.net/blog/smartphone/usa-phone-number/61798/

アメリカの電話番号には注意しましょう

2022年現在、アメリカを含む国際電話の詐欺が増えているので要注意です。

アメリカの方とよく電話をするという方には、詐欺対策をすることをおすすめします。
こちらの記事では国際電話詐欺について紹介しているので、興味のある方はぜひ参考に読んでいただければと思います。
関連記事:国際電話詐欺に注意!被害事例やその対策方法を理解しよう

アメリカの電話番号を使った詐欺への対策

アメリカの電話番号を使った詐欺に騙されないための対策として「Whoscall」がおすすめです。

Whoscallを活用すれば、簡単にアメリカを含む国際電話詐欺への対策をすることができます。
たとえば、迷惑電話をすぐに判別できる機能を利用することで、電話がかかってきたときに迷惑電話である可能性の高い電話である場合は画面にそのことを表示して知らせてくれます。
このように、アプリWhoscallではAi技術を活用して詐欺電話を防止できます。

Whoscallには無料版もありますが、使える機能が限られるので充実した機能を使いたい場合は有料のプレミアム版がおすすめです。

今すぐダウンロード