ダウンロード
Whoscallダウンロード

電話に出るのが怖い?「電話恐怖症」とは?症状やその克服方法

電話応対のコツ
2021-06-08 | Whoscall

目次

「電話恐怖症」とは?

「電話恐怖症」とは、電話に出ることや電話をかけることを嫌がったり恐れたりする恐怖症です。

電話恐怖症の人には様々な症状がありますが、どの症状も不安感を伴うことが多くあります。

不安感の他の症状は、手に汗をかく、動悸がする、息切れがする、吐き気がする、口が渇く、震えが出るなどです。中にはパニック発作を起こしてしまうことも。

▶電話の課題は電話で解決!電話番号通知アプリのWhoscallはこちら

なぜ「電話恐怖症・着信恐怖症」の原因とは?

電話恐怖症はスマホの普及により SNS 慣れした世代に多い症状であると言われていて、業務に支障をきたすほどの問題になっています。

どうして「電話恐怖症」になってしまうのか、その原因について見てみましょう。

  • 電話で不快な思いをされた経験がある

電話で「不快なこと」を聞いた経験があると、それがトラウマになってしまうことも。

たとえば過去に電話で怒られたことがあってそれがトラウマになっているなど、相手に対して「怖いイメージ」を持ってしまっている場合などです。

電話越しに「訃報」を聞いた経験があってトラウマになってしまうこともあります。

  • 「きちんとした自分を演じなければならない」と思ってしまう

電話する時、相手の顔が見えないので、うまく話せずに誤解させるかもしれないと考え、きちんとした自分を演じなければならないって自覚を促す。そして電話に対して怖さを感じる。

電話をする時に「きちんとした自分を演じなければならない」と思っていて、そのことに対してだるさを感じていることが原因である場合があります。

  • 「迷惑になる」という思い込み

これは自分から電話をかける場合の原因で、「相手に電話をかけたら迷惑になる」という思い込みがあるのかもしれません。

たとえば「電話の音質が悪かったりして相手の言葉がよく聞こえず、相手に繰り返し発言させてしまうかもしれない」「この時間にかけたら迷惑かも」などという心配が人一倍あるなど。

  • 相手へ誤解を与えてしまうかも

相手へ誤解を与えてしまうかもしれないという心配も原因になります。

「うまく話せずに相手へ誤解を与えてしまったら嫌だな」という不安があるのかもしれません。

  • コミュニケーション手段の変化

コミュニケーション手段が変化し現在ではチャットなどテキスト主体のコミュニケーションになっています。

プライベートで電話をする機会が減ったので慣れていなくて抵抗を感じたり、電話は緊急時に使うという印象が強く緊張するので抵抗を感じたりするのかもしれません。

  • 「周りから電話内容を聞かれるのでは」という不安

チャットなどテキストでのコミュニケーションなら電話内容を聞かれる心配はないですが、電話だと周りの人から電話内容を聞かれる可能性があります。

電話を切ったあとに、聞いていた先輩や上司から指摘されるかもしれません。

  • 瞬発的に対応しなければならない

チャットなら自分のペースでじっくり見直してから返事ができますが、電話の場合は相手のペースに合わせてすぐに対応しなければなりません。

  • 相手や要件が事前にわからない

チャットならやりとりする前に相手や要件を見て確認できますが、電話だと相手と会話して声を聞かないと相手や要件がわかりません。

電話恐怖症・着信恐怖症にあてはまる人の特徴

ここで電話恐怖症にあてはまる人の特徴を紹介します。

電話恐怖症になりやすい人の種類

電話恐怖症になりやすい人の種類を紹介します。

次にあてはまる人は要注意。

  • 緊張しやすい人

緊張しやすい人は、電話を恐れてしまいやすいです。

電話には「声に出ないと相手や要件がわからない」「即座に対応しなければならない」「周りに聞かれる」など、緊張しやすい要素がたくさんあります。

  • 周りからの評価が気になる人

自分の電話応対が周りに聞かれるので、「仕事ができると思われたい」など周りからの評価が気になる人は、プレッシャーを感じてしまいます。

  • 新人

会社に入ったばかりの新人は、「失敗したら怒られるかもしれない」という不安を感じやすいので、恐怖症になりやすいです。

電話恐怖症チェック

次の 1~4 の質問のうち 2 つ以上、かつ 5~10 の質問のうち 3 つ以上あてはまる人は「電話恐怖症である可能性があります!

次の項目であてはまる項目が多いなら、ぜひ続きの克服方法を読んでみてください。

【質問】

  1. 電話が鳴ると緊張する
  2. 電話にかかってきたとき居留守をすることがある
  3. 非通知の電話には出ないことが多い
  4. 知らない番号からの電話には出ないことが多い
  5. 電話をかけるときに緊張する
  6. 友人や知人に電話をする時は、LINEなどで事前に連絡する
  7. 留守番電話にメッセージを入れるのが苦手
  8. お店に予約を入れるときは電話よりもインターネットを使う
  9. 電話をかける前に話す内容や言葉を整理しておく
  10. 電話の方が早くて便利でも LINE などで連絡したい

「電話恐怖症・着信恐怖症」の克服方法

電話恐怖症を克服する方法を紹介します。

電話での失敗や挫折を克服して電話恐怖症を克服する方法を紹介するので、ぜひ実践してみてください!

電話恐怖症・着信恐怖症の原因を解明し受け止める

電話恐怖症を克服するためには「どうして電話が嫌いなのか」という原因を明らかにしなければなりません。

たとえば電話がかかってきたと過程してシュミレーションしてみたり、友人にかけてもらったりして、原因を探ってみてください。

「○○だから電話が嫌いなんだ」と原因を解明して受け止めましょう。

自分が電話を嫌っている原因を理解することが、それを克服することにつながります。

克服しようと決意する

まずは「電話恐怖症を克服しよう!」と決意しましょう。

克服するためには「克服したい」という気持ちを明確にすることが大切。

たとえば紙に決意したことを書くと「克服したい」と決意したことを形に残しておくことができます。

決意したことを形に残しておくと達成につながりやすいのでおすすめ。

電話対応が上手い人の話し方を聞く

先輩社員など、電話対応が上手い人の話し方について、フレーズや間の取り方などをじっくり聞いてみましょう。

意識して何度も聞くことで、脳にインプットされていき、自然と自分も同じような話し方で話せるようになります。

目標とする人を決めて、その人の電話での話し方を聞いて学びましょう。

認識を変える

電話が嫌いになっている原因を突き止めたら、そのことへの認識を変えていきましょう。

たとえば原因が「電話の相手が威圧的だと思い込んでしまう」なら「相手は優しく対応してくれる人だ」と考えるように心がけます。

考え方がネガティブになっているので、認識を変えてポジティブな考え方をするように心がけてみてください。

電話対応マニュアルを作る

電話対応の仕方についてのマニュアルを作るのもおすすめです。

電話対応をしていて気づいたことや失敗したことなどをマニュアルにまとめましょう。

マニュアルにまとめるだけでも頭の中が整理されて、いざという時に自然と口から出てきやすくなります。マニュアルにまとめてあれば、習得すべき電話対応を何度も確認できるので習得しやすくなるのもメリット。

電話に出た時の第一声→「お電話ありがとうございます。〇〇(会社名)でございます。」というようにマニュアルに書いていきましょう。

電話に慣れる

電話に慣れていくために、電話をかける頻度を少しずつ増やしていくのもおすすめです。

自然に慣れていくことが1番効果的な克服方法なので、恐怖に立ち向かって挑戦していきましょう。

電話をする頻度は、できるだけ毎日するのが理想です。無理しない程度に、なるべく期間を開けないようにして、継続的に電話していきましょう。

電話対応では次の 3 つを聞いて把握するように注意することが大切。

  • 電話相手
  • 要件
  • 引き継ぐ人

これらを意識して電話することに慣れていきましょう。

着信音を変更する

着信音を変更してみるのも手です。

着信音に敏感になっている人が多く、設定してある電話の着信音を聞くだけで嫌な気持ちになってしまう人が多くいます。

着信音を変更して、嫌な音をなくしましょう。
着信音を好きな曲にすると、その曲が嫌な印象になってしまう可能性があるのでおすすめできません。

着信音は穏やかな BGM などにするのがおすすめ。

Whoscallアプリを使った電話対応への悩みを一つ消す方法

Whocall は知らない電話番号を識別するアプリです。

Whoscall アプリを利用すると、電話帳に登録されていなくても電話をかけてきた相手の名前が事前に表示されます。電話に出る前に誰からの電話なのかがわかるので、電話に出る前に心の準備ができます。

Whoscall アプリを利用することで、迷惑電話に出て嫌な思いをするのを防止でき、心の準備ができるので電話に出る時の緊張を和らげることが可能。
無理なく電話に慣れていくのにぴったりなので、利用してみてはどうでしょうか。

先ほど電話中に注意すべき 3 つの要点「電話相手」「要件」「引き継ぐ人」があると紹介しました。

Whoscall を使えばこの 3 つの中から「電話相手」という 1 つの要素を聞く必要がなくなるので、電話対応の負担がなくなります。

電話恐怖症・着信恐怖症の「電話嫌い」は「自分が弱いから」ではない

通信技術が発展して電話をする機会が減った現代では、電話恐怖症の人口は急速に増加していくと考えられます。

過去に電話で嫌な思いをしてトラウマになって、電話が嫌になって「電話恐怖症」になってしまったとしても、それは「自分が弱いから」というわけではありません。

ここまで紹介した方法で、少しずつ調整して電話への恐怖を克服していきましょう!