ダウンロード
Whoscallダウンロード

電話着信「不明」表示とは一体何なのか?不明表示の対処法も紹介

迷惑電話対策
2021-09-30 | Whoscall

目次

電話着信「不明」表示とは一体何なのか?不明表示の対処法も紹介

かかってくる電話の中には、番号などが何も表示されずに「不明」と表示される着信があります。

このような電話は気味が悪いですよね。

どこからかかってきたのかわからないので不安な気持ちになる人も多いと思います。

このページでは、「不明」と表示される着信はどんな電話なのか紹介します。「不明」着信を着信拒否にする方法についても紹介するので、「不明」着信に困っている人はぜひ参考にどうぞ。

ダウンロードの画像

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

電話着信「不明」の正体は??

電話着信「不明」の正体についてです。

着信画面に「不明」と表示される着信は、iPhone と一部の Andoroid 端末の現象みたいです。iPhone や一部の Android 端末にかかってきた場合に着信画面に「不明」と表示されるということが起こります。

「不明」と表示される着信はどこからかかってきているのか気になりますよね。「不明」着信の中には、詐欺電話など危ない電話もあります。

電話着信「不明」の正体は何なのか、考えられるものを 5 つ紹介します。「不明」着信の大半は次に紹介する 5 つの中に含まれています。

非通知からの着信

非通知からかかってきた着信が「不明」と表示されることがあります。

iPhone に非通知の電話がかかってくると、普通は「非通知」と表示されますが、たまに「不明」と表示されることがあるようです。

非通知の電話が「不明」と表示される原因はわかっていないようです。

Skypeなどの通話アプリ

Skype などの通話アプリからかかってきた着信は「不明」と表示されることも。

通話アプリの代表的なものは Skype ですが、その他の通話アプリの場合も電話がかかってくると「不明」と表示されるようです。

LINE電話

LINE 電話からかかってきた「不明」と表示されることもあり、LINE 電話の「LineOut」というサービスから電話がかかってくると「不明」と表示されることがあります。

「LINE Out」とは LINE アプリを利用して、携帯電話や固定電話に電話をかけられるサービスです。

LINE 電話の中でもこの「LineOut」というサービスを利用した電話がかかってきたときに「不明」と表示されることになります。

公衆電話

基本的に公衆電話からかかってきた着信は「公衆電話」と表示されますが、公衆電話からの着信が「不明」と表示されることがあります。

海外からの着信

海外からかかってきた着信は「不明」と表示される可能性が高いです。

海外だと電話番号を特定することは難しいことなどが理由になっているようです。

「不明」電話の着信に対処する方法

ここからは「不明」と表示される電話の着信を対処する方法について説明します。

かかってきたときに「不明」と表示される着信には詐欺電話などの悪質なものがたくさんあります。そのため「不明」着信は拒否するのがおすすめ。

そこで、「不明」着信を対処するための方法を 3 つ紹介します。

詐欺などの電話に出ないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

無視する

「不明」と表示される着信は無視するのがおすすめ。

「不明」と表示される着信はあやしい電話である可能性が高いからです。

過去には「不明」という表示で「安倍政権を支持するかどうか」という政治に関するアンケートの電話がかかってきたことがあるようです。

明らかに怪しいので、「不明」からの着信には極力注意し、何度もかかってくるような時は必要であれば着信拒否をおすすめします。

電話に出る

「不明」と表示される着信に出るという選択肢もあります。

「不明」と表示される着信はあやしい電話である可能性が高いので危険ですが、「不明」と表示される着信が大切な電話である可能性も考えられます。

緊急の電話であった場合は出るべきですよね。

知り合いから緊急の電話が「不明」という表示でかかってくるかもしれません。

アプリを活用して着信拒否

アプリを活用して着信拒否をすると安心です。

Whoscall アプリは機能の一つが知らない番号からの着信を識別し、自動的に発信者情報を表示します。予約確認や病院などからの重要な電話と迷惑電話を区別するのに役立ちます。

アプリを活用すれば、あやしい人とあやしくない人をある程度区別することができます。

Whoscallを使ったら、着信した時自動的に電話の相手を識別してくれる

あやしい電話には出ない、あやしくない電話には出る、というようにかかってきた電話に合わせて行動できます。迷惑電話がわかってから着信拒否機能を使った電話番号からは二度と電話がかかってくることはあいりません。

Whoscallの「着信拒否機能」は自動と手動から設定できます。

Whoscall プレミアム版の「自動着信拒否機能」では、番号を入力しなくても詐欺電話などの悪質な電話番号である可能性のある電話番号などを自動でブロックできます。

自動着信拒否機能

不要な電話・詐欺被害に遭うリスクを低減できるし、いちいちブロックしたい番号を入力する必要がなくて便利です。現在 Whoscall アプリは期間内プレミアム版を無料で使えるので、気軽に利用し始めることができますよ。

【関連記事】着信拒否設定方法|iPhone・アンドロイドで迷惑電話を着信拒否

Whoscall アプリの紹介

Whoscall を利用すれば、かかってきた電話が誰からなのかすぐにわかるようになります。

電話がかかってくると、電話番号のデータベースを利用して判別して、どこからの着信なのかを表示します。
東アジア最大の 16 億以上の電話番号データベースを持っている Whoscall は常に新しい電話番号も識別するために、データベースのアップデートも 1 週間に一度のペースで行われています。

whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

このように過去の迷惑電話だけでなく、最新の迷惑電話へも対応していて安心です。

    【関連記事】誰からの電話?かかってきた電話番号を検索する方法を紹介

    データベースに情報がある場合は「不明」ではなく「○○株式会社」というように会社名などが表示されます。ユーザーから迷惑電話であると報告があった電話であれば「迷惑電話」というように表示されます。

    Whoscallを使ったら、着信した時自動的に迷惑電話かどうかを識別してくれる

    また、インターネットにつながっていなくてもこのデータベースが使用できます!電話に出る前にどこからの電話なのかわかるので、ぜひ利用してみてください。

    Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!