ダウンロード
Whoscallダウンロード

電話嫌いな人の理由とは?電話嫌いな人が取るべき対策を紹介

電話応対のコツ
2021-08-31 | Whoscall

目次

電話嫌いな人の理由とは?電話嫌いな人が取るべき対策を紹介

電話が嫌いという方はたくさんいらっしゃると思います。

このページで話嫌いなの理由や、電話嫌いな人が取るべき対策について解説します!

電話嫌いで、電話によるストレスに悩んでいるという方はぜひこの記事をご覧ください。

▶電話の課題はWhoscallで解決!電話番号通知・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウンロードの画像

電話が嫌いになってしまった原因は何なのか

電話嫌いになってしまったエピソードを 3 つほど紹介します。

  • 早口で聞きなれない言葉ばかりでメモするのが追いつかずにパニックになった

  • 聞き取れなかったことを何度も聞き返すのが辛い

  • 何度聞いても聞き取れず、適当に返事をしてしまったことでトラブルになった

このように電話での嫌な出来事がトラウマになって電話嫌いになってしまうことが多いんです。

電話が嫌いな人には 2 つのタイプがある

電話が嫌いな人は主に次の 2 つのタイプに分かれています。

電話をかけるのが嫌いなタイプ

電話が嫌いな理由として考えられるものには、「相手の迷惑になるかもしれない」と考えてしまうという理由があります。

「今忙しい時かも」「迷惑をかけているかもしれない」と気になってしまいます。

電話が嫌いな理由として「電話の最中に沈黙になるのが怖い」という理由もあります。

沈黙にならないようにあわてて次の会話を探して切り出すという人は多いんじゃないでしょうか。

電話がかかってくるのが嫌いなタイプ

電話がかかってくるのが嫌いな理由として考えられるものには、自分の時間が邪魔されるという理由があります。いきなり電話がかかってくると、場合によっては自分の時間が邪魔されてしまいます。

料理中など、手を放したくない作業をしている最中にいきなり電話がかかってくると困りますよね。

話が長引くと、かなりの時間を奪われることも。

Whoscall の番号識別機能では、どこからの着信なのかアプリが識別して教えてくれます。その上で、その電話に対して「出る」か「出ない」かを自分で判断できます。

whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

なので自分の時間が邪魔されるのを防止できます。

電話が嫌いな人の心理

電話嫌いな人の主な心理を 3 つ紹介します。

切るタイミングがわからない

切るタイミングがわからないと、忙しくてもなかなか切ることができず、ストレスを感じてしまいます。

とくに相手に気を遣う性格の人は、なかなか電話を切ることができないと思います。

忙しかったり、済ませるべき用事があったりしても、相手になかなか伝えられず、長電話になってしまうことがあります。

相手の表情が見えない

電話だと会って話すのと違って表情が見えないため、自分が言ったことに対して相手がどのような反応をしているのか、どう思っているのかわかりにくいです。

「今どう思ってるんだろう」と相手の気持ちが理解しにくいことがストレスつながっているのかも。

心の準備ができていない

心の準備ができていない状態で会話しなければならないことがストレスの原因になって可能性もあります。

いきなり電話がかかってくると、その時やっていた作業を中断していきなり電話に出なくてはなりません。

落ち着いて過ごせないので、精神的に負担になってしまうことも。

【関連記事】電話に出るのが怖い?「電話恐怖症」とは?症状やその克服方法

電話嫌いな人がとるべき対応

電話嫌いな人がとるべき対応は次の 3 つです。

まずは原因を追求しよう

自分がどうして電話嫌いなのか原因を追求しましょう。

「どういう状況の電話が嫌いなのか」「どういう状況ならストレスなく電話できるのか」など、自己分析して原因を探してみてください。

原因を解決する手段を選ぼう

自分がどうして電話嫌いなのか原因がわかったら、その原因を解決するための手段を選びましょう。

  • 切るタイミングを決めておく

切るタイミングがわからないから嫌という場合は、話し始めた時に切るタイミングを決めておきましょう。

「〇時まで話そう」と言っておくのがおすすめ。

他にも切る理由には「充電がなくなりそう」や「お風呂入ってくる」などがあります。

  • ゆっくり話す

相手の表情が見えないから不安に感じるという場合は、ゆっくり話すのがおすすめ。

お互いにゆっくり話せば、話が聞き取りやすいだけでなく、言葉にこもった相手の気持ちを理解しやすくなります。

ゆっくり話すことで気持ちも落ち着きますよ。

  • 電話する日時を決めておく

心の準備ができていない状態でいきなり会話するのが嫌という場合は、前もって LINE などで「〇時に電話してもいい?」と電話する日時を決めておくようにしましょう。

相手に「電話する時は前もって言っておいてね」とお願いすれば、いきなり電話がかかってくることがなくなります。

自分も事前に電話してもいい時間を聞いて許可を得ておくことで、「相手に迷惑になっているんじゃないか」と心配することもなくなりますよ。

着信相手がわからないことによって電話が嫌になっている場合は Whoscall がおすすすめ。

Whoscall の番号識別機能ではアプリが電話番号を識別して着信相手が誰なのか知ることができます。

whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

電話が嫌いなら電話に出ない仕組みを導入しよう

電話が嫌いで、なるべく電話に出たくない人は不審な電話を着信拒否するのがおすすめです。

また、着信拒否の詳しい記事につきましては下記記事をご参考ください。

iPhone・アンドロイドで迷惑電話を着信拒否設定方法

電話嫌いな方はなるべく電話に出なくて済むようアプリを導入しよう

Whoscall のアンドロイドバージョンでは「非通知ブロック設定」で非通知でかかってきた電話を着信拒否できます。ios バージョンは「自動着信拒否機能」がオススメです。

Whoscall は毎週世界中の迷惑電話を統計.分析しています。

迷惑度が高いと判定された電話番号からの着信については、「自動着信拒否機能」で番号を入力しなくても詐欺電話などの悪質な電話番号である可能性のある電話番号などを自動でブロックできます。

自動着信拒否機能の設定方法

まとめ

ただでさえ電話嫌いなのに、よくわからない相手からいきなり電話がかかってきたら嫌ですよね。

よくわからない相手からの電話には出る必要がないので、不要な電話はブロックしちゃいましょう。

なるべく電話に出ないために役立つ機能として「着信拒否機能」もあります。出たくない電話を着信拒否できます。「番号識別機能」もおすすめ。

電話によるストレスを軽減させたい場合は、ぜひ Whoscall を使ってみてください!

Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!