ダウンロード
Whoscallダウンロード

正しい電話の切り方を詳しく紹介|かけた場合・着信の場合に分けて解説

電話応対のコツ
2021-11-01 | Whoscall

目次

正しい電話の切り方を詳しく紹介|かけた場合・着信の場合に分けて解説

電話の切り方にはマナーがあります。

仕事の取引先などと電話でやりとりする場合は、電話の切り方にも気を付けなければなりません。

この記事では、正しい電話の切り方について詳しく解説します。

かけた場合・かかってきた場合に分けて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

▶電話の課題はテクの力でスマートに解決!知らない発信元を通知・迷惑電話対策アプリの Whoscall はこちら

ダウンロードの画像

自分からかけた場合の電話の切り方を徹底解説

まずは自分から電話をかけた場合の電話の切り方について説明します。

マナー:電話はかけた方から切る

電話はかけた方から切るのがマナーです。

電話を受けた方が先に切るのは基本的にマナー違反になります。

電話をかけるのは用事があるからだと思うので、電話を切るのは、用事をすべて終えた意思表示でもあります。また電話代を負担するのはかけた方なので、かけた方がいつ切るかを決めるべきという説もあります。

自分から取引先などに電話をかけた時に相手がこのマナーを知っていたら、相手は自分から電話を切れないことになります。

自分から電話をかけた場合は、自分から電話を切るようにしましょう。

「失礼します」もかけた方が先に言う

電話を切る際の「失礼します」というあいさつもかけた方が言います。

先ほど、電話をかけるのは用事があるからだと思うので、電話を切るのは用事をすべて終えた意思表示でもあると説明しました。

「失礼します」というあいさつは「電話を切りますよ」という合図なので、かけた方が「失礼します」と言って電話を切ります。

注意点:目上の方やお客様の場合の電話の切り方

電話の切り方について電話はかけた方が切るのがビジネスマナーだと説明しましたが、例外として目上の人やお客様との電話は異なります。

目上の人に電話をかけた時は、すぐに電話を切るのではなく、5秒間、相手が電話を切るのを待ちましょう。

それでも相手が電話を切らない場合は、自分の方から電話を切ってOK。

きっと相手は「電話をかけた方が切る」というマナーを守っているからです。

相手から電話がかかってきた場合の電話の切り方を徹底解説

次に自分から電話がかかってきた場合の電話の切り方について説明します。

相手が切るまで待つ

相手から電話がかかってきた場合は、相手が電話を切るまで待ちましょう。

「電話をかけた方が切る」というのがマナーだからです。

相手から電話がかかってきた場合は、自分がかけた場合と反対で、相手が電話を切ってから切ります。相手が電話を切ったのを確かめてから自分の電話を切ってください。

電話を切ることを知らせる

例外として、相手が電話を切らずに沈黙になった際は、こちらから切るのもありです。

相手がなかなか電話を切らない場合は「お電話いただきましてありがとうございました。」というようなフレーズで電話を切ることを知らせてから、切りましょう。

電話を切る際は受話器はそっと静かに置く

話し終わって電話を切る際は一拍おいてから受話器をそっと静かに置きましょう。

「ガチャン!」と大きな音をさせて受話器を置いてしまったら、相手はとても嫌な思いをしますよね。「気を悪くさせたのかな」と不安になってしまうかもしれません。

自分が電話を切るときには、できるだけ静かに切りましょう。

電話を静かに切るための一般的な方法として、まず手で受話器を置くところにあるフックを押して電話を切り、そのあと静かに受話器を置くのがおすすめ。

外出先などで、スマホを使って電話することもありますよね。

スマホで電話すると時はフックはないですが、音を立てないよう静かに通話終了ボタンを押して静かに切りましょう。

固定電話でもスマホでも、静かに通話を終えることを心がけてみてください。

電話の切るときのフレーズ集

電話の切る時に使えるフレーズをまとめて紹介します。

そろそろ話を終えたいという時には次のようなフレーズがおすすめ。

「この後、会議の予定が入っておりまして」

「スマホのバッテリーが切れそうですので」

「これから電車に乗りますので」

電話を切る時には「失礼します」というのが一般的ですが、これ以外にもいろいろな言い方があります。電話を切る時に使えるフレーズには次のようなものもあります。

「失礼いたします。」

「ありがとうございました。」

「その時はよろしくお願いいたします。」

「またご連絡いたします。」

「お忙しいところありがとうございました。」

「今後ともよろしくお願いいたします。」

Whoscall アプリで心の準備を

ここで電話対応に便利なアプリ「Whoscall」を紹介します。

Whoscall には着信者を表示する機能があります。

電話の相手が識別された想定の画像

この機能を利用すると、電話帳に登録していない相手から電話がかかってきた場合であっても、かけてきた相手が誰なのかが高確率でわかるようになります。

Whoscall のアプリにある充実した電話番号のデータベースで照合することで、電話をかけてきた相手を調べて画面に表示することが可能。

Whoscallの番号識別機能でどこからの電話なのか着信画面に表示してくれるので、電話がかかってきた時に出るか出ないか判断できる

電話がかかってきた時、出る前に誰かわかれば、電話応対をする心の準備ができます。

日々の電話でのやりとりのストレスを軽減できます。

他のオススメの記事▶電話に出るのが怖い?「電話恐怖症」とは?症状やその克服方法

まとめ:電話の切り方は社会人のマナーです

ここまで、正しい電話の切り方について解説しました。

電話の切り方にはマナーがあり、電話でやりとりする場合は電話の切り方にも気を付ける必要があります。

基本的には、電話をかけた場合は自分から切り、電話がかかってきた場合は相手が切るまで待つのがマナーです。

ぜひこの記事の内容を電話対応に活かしてもらえればと思います。

Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!