ダウンロード
Whoscallダウンロード

詐欺電話の対策法

詐欺電話やSMS対策
2021-12-23 | Whoscall

目次

詐欺電話とは何なのか

詐欺電話とは、相手を騙してお金を請求したり口座番号を聞き出したりする電話です。

電話に出て、お金の話が出てきたら、詐欺の可能性があるので要注意。

詐欺電話の現状

令和元年の詐欺による被害額は、315.8億円でした。このように実際に多くの被害が発生しているんです。

詐欺電話の対策はアプリ導入と知識のインプットが必要

詐欺電話への対策では、対策するためのアプリを導入することと、詐欺についての知識をインプットすることが大切です。

詐欺電話への対策ができるアプリをスマホに入れておくことをおすすめします。

現在は詐欺電話の番号が簡単にわかる時代です。アプリ Whoscall では、詐欺電話を瞬時に判断したり、電話番号を検索して詐欺電話の番号か確認したりできます。

しかも番号検索機能は無料で使えます。

番号検索機能

下記に紹介する 4 つの記事には、詐欺に騙されないようになるために知っておくべき知識を載せています。

下記に紹介する 4 つの記事を確認すれば、詐欺対策に必要な知識が身に付きます。

間違い電話には注意が必要です

間違い電話には主に次の 4つの種類があります。

  • 本当に間違えた

  • 悪戯や嫌がらせ

  • 在宅確認

  • 間違い電話を装った詐欺

中でも間違い電話を装った詐欺電話が問題。間違い電話を装った詐欺電話に出てしまうとどうなるのかは、下記の記事で紹介しています。

間違い電話が詐欺の可能性!?知っておきたい間違い電話の真実

国際電話詐欺が増えていることを知っていますか

国際電話詐欺とは、海外からかかってくる電話による詐欺です。

国際電話詐欺には、ワン切り詐欺や、機器やソフトウェアの穴を狙った詐欺などがあります。

国際電話詐欺では国際電話料金を搾取されたり、個人情報が流出したりするので危険。国際電話詐欺の対策については下記の記事で紹介しています。

国際電話詐欺に注意!被害事例やその対策方法を理解しよう

身近に潜む詐欺電話のよくある手口

詐欺電話のよくある手口には次のようなものがあります。

  • オレオレ詐欺

  • 職員なりすまし詐欺・還付金詐欺

  • 架空請求詐欺

  • 融資保証金詐欺・投資詐欺

詐欺電話がかかってきて、知らずに詐欺電話に出てしまったら、詐欺電話であることにすぐに気付くことが大切です。

そこで、詐欺電話かどうかを見極める方法があります。詳しくは下記の記事でチェックしてみてください。

要注意!身近にある詐欺電話のよくある手口と今日から使える対策方法

コロナ禍で増えている荷物転送・荷受代行詐欺の正体

荷物転送・荷受代行詐欺とは、「送られてきた荷物を転送するだけでお金が稼げる」というようなキャッチコピーの求人広告で、応募すると勝手に商品が購入されて、身に覚えのない支払いを請求されてしまうという詐欺。

最近、コロナの影響でこの荷物転送・荷受代行詐欺による被害が増えているんです。

荷物転送・荷受代行詐欺にも有効な対策があります。

下記の記事では荷物転送・荷受代行詐欺について詐欺の仕組みや対策を紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

荷物転送・荷受代行詐欺がコロナで急増中!仕組みと対策をご紹介

SMS詐欺とは

SMS 詐欺とは、携帯電話同士でメッセージをやりとりできる SMS を利用して、詐欺メッセージを送ってくる詐欺です。

SMS詐欺の種類

SMS 詐欺には、企業などになりすまして送ってくる「なりすましショートメール」、サービスの公式アカウントになりすまして送ってくる「スミッシング詐欺」、宅配業者になりすまして不在通知を装った SMS を送ってくる「不在通知詐欺」などがあります。

このような SMS 詐欺によって、不正アプリをダウンロードさせられたり、フィッシングサイトに誘導されたりします。

最新手口の詐欺メールは危険です

最近はショートメール詐欺も増えています。

被害事例をあげると、迷惑メールが送られてくる、個人情報が流出する、不正アクセスされる、金銭が盗まれるなどがあります。

詐欺の手口も巧妙なので、手口を知ってしっかり対策することが大切。対策には下記の記事がおすすめ。

詐欺メール(ショートメール)の最新手口は危険!?|被害事例や対処方法を紹介

SMSで届く詐欺メッセージの手口

SMS 詐欺の手口には、不正アプリをダウンロードさせられる、フィッシングサイトに誘導されるなどがあります。

アプリ Whoscall では、SMS 詐欺の対策もできます。

下記の記事で紹介している方法も対策するのに役立ちます。

急増中!SMSで届く詐欺メッセージの手口と対策方法をご紹介!

なりすましショートメールの事例

「なりすましショートメール」とは、詐欺目的で企業などになりすまして送ってくるショートメールのことです。

巧妙で詐欺であることに気付きにくいので要注意。対策として下記の記事を参考にしてみてください。

なりすましショートメールの事例やその対策方法は?騙されないためにすること

スミッシング詐欺が急増しています

スミッシング詐欺とは、SMS のショートメッセージを受信した人をフィッシングサイトへ誘導する詐欺のこと。

「スミッシング」とは「SMS」と「フィッシング」を合わせた言葉です。

最近では Twitter や Facebook などのサービスの認証で、SMS 認証が利用されることが多いですよね。

スミッシング詐欺では、このようなサービスの公式アカウントになりすました相手がメッセージを送信してきます。

そのメッセージでは記載された URL をクリックするよう誘導されます。URL をクリックすると、フィッシングサイトに誘導されてしまいます。

スミッシング詐欺の事例や対策について知りたい方は下記の記事をどうぞ。

スミッシングとは?被害事例やその手口・対策方法をご紹介

宅配業者を装った不在通知詐欺が急増中

不在通知詐欺とは、宅配業者になりすまして、不在通知を装った SMS を送って行われる詐欺のことです。

不在通知詐欺の中には日本語が不自然なものがあるので、日本の宅配業者なのにも関わらず日本語が不自然なものは詐欺を疑いましょう。

しかし自然な日本語でメッセージでは見分けがつかない詐欺 SMS もあります。このような場合は、添付されている URL のアドレスをチェックしましょう。

添付されている URL のアドレスが宅配業者の公式のものと異なるものは、詐欺の可能性が高いです。

対策などについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

不在通知詐欺を徹底解説|「宅配業者」を装った”不在通知詐欺”の見分け方は?手口や対策方法を紹介

ダウロード画面