ダウンロード
Whoscallダウンロード

非通知のワン切り電話の目的は何なのか?対策する方法も紹介

迷惑電話対策
2022-03-28 | Whoscall

目次





非通知のワン切り電話がかかってくる目的は何なのでしょうか。この記事では非通知のワン切り電話の目的と対策について詳しく解説しています。対策では、キャリア別、機種別、アプリ導入と3つに分けて紹介しているため、自分に合った方法を知ることができます。非通知のワン切り電話に悩んでいる人は、ぜひこの記事をご覧ください。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら


ダウロード画面


非通知のワン切り電話の目的とは?

非通知のワン切り電話電話の目的には大きく分けて次の3つがあります。

1.電話状況調査

2.悪意あるものからの嫌がらせ

3.間違い電話

基本的には情報収集が目的

基本的には現在その電話番号が使われているかを確かめるために電話していることが多いです。

電話の利用状況の他、電話に出た時の一言目の対応を聞いて、どのような対応をしてくるか調査しているという噂もあります。

なぜワン切りなのかについては、通話を短時間で済ませて通信料を抑えるためです。

非通知のワン切り電話の最終目的は販売

非通知のワン切り電話の大半は、何かを販売することが最終的な目的です。電話番号の利用状況や電話に出た時の反応などを営業会社などに販売していることも多いようです。この営業会社には、たとえば、不動産関連、カード会社、金融関係などがあります。

注意点:数年前のワン切りとは違う

最近増えている非通知のワン切り電話は、数年前の「ツーショットダイヤル」とは違います。ツーショットダイヤルとは、1990年代に流行った出会い系電話サービスです。最近増えている非通知のワン切り電話は、このツーショットダイヤルとは違い、電話の利用状況のや対応の仕方を確かめようとしているものです。

非通知のワン切り電話対処法

非通知のワン切り電話がかかってくる場合はどう対処すればいいのか、3つの対処法について説明します。

・キャリア別の対処法

・機種別の対処法

Whoscallでの対処法

非通知ワン切り対策|キャリア編

非通知で電話をかけてきた相手に対して自動音声のガイダンスを流してから自動的に通話を終了するよう設定したり、登録した相手からの着信を拒否したりできる機能がキャリアごとにあります。

ドコモの「電話通知お願いサービス」

ドコモの「番号通知お願いサービス」では、電話番号が非通知でかけてきた相手に対して、番号通知を依頼する自動音声のガイダンスを流したあとに、自動的に通話を終了するように設定できます。

auの「番号通知リクエストサービス」

auの「番号通知リクエストサービス」も、電話番号が非通知でかかってきた電話に対して、 番号を通知してかけ直すよう自動音声のガイダンスしてから、通話を終了するように設定できるサービスです。しかしサービスを起動していても発信者が番号を通知できない場合は、相手からの電話を接続することがあるようです。

ソフトバンク「ナンバーブロック」

ソフトの「ナンバーブロック」では、直ナンバーブロック専用ダイヤル「144」から、直前に着信応答した電話番号を迷惑電話として着信拒否設定することで、着信を拒否することができます。 電話をかけた相手には自動音声のガイダンスが流れて、電話が切れます。

非通知ワン切り対策|機種編

iPhoneとAndroidの機種ごとにも非通知着信を拒否する機能があります。拒否する手順について、iPhoneとAndroidそれぞれ紹介します。

iPhoneで非通知着信を着信拒否する手順

非通知設定の電話をブロックする設定は簡単です。

「設定」アプリを開く

「電話」をタップ

「不明な発信者を消音」のスイッチをオンにする

にするだけです。 電話がかかってきても着信音が鳴らずに「不在着信」の通知(履歴)が残るだけになります。

Androidで非通知着信を着信拒否する手順

-Androidの非通知着信を拒否する手順を簡単に解説

【スマホの設定で非通知着信拒否にする方法】

「設定」アプリを開く

「通話設定」をタップ

「着信拒否設定」をタップ

「非通知」の項目の右にあるボタンをタップしてオンにする

もっと詳しく知りたい人は、下記の記事を見てみてください。

参考記事:着信拒否するとどうなるの?iPhone/Android別に解説

Whoscallのアプリを導入する

Whoscallを導入すれば、簡単に非通知着信をブロックできます。その他にSMS詐欺対策も可能です。

非通知電話に関連する記事を紹介

最近迷惑電話が急増しています。詐欺などの迷惑電話からの被害を受けないために、日頃から迷惑電話や詐欺に関する情報を収集しておくのがおすすめです。

Whoscallブログでは迷惑電話対策や詐欺対策に関する情報をたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:迷惑電話対策

参考記事:詐欺電話やSMS対策

非通知のワン切り電話に関するよくある質問

最後に、非通知のワン切り電話に関するよくある質問について回答します。

Q1.非通知ワン切りで得た情報を販売するのは犯罪じゃないの?

→グレーゾーンですが犯罪ではありません。犯罪の匂いがしますし限りなくグレーですが、現在の日本の法律では取り締まることができないのです。非通知のワン切り電話の反応についてのデータを他の会社に売り渡すというのは、被害を訴えてもなかなか取り締まれない状況です。

Q2.悪徳業者に電話番号が売られる可能性はある?

→悪徳業者に電話番号が売られてしまう可能性はあります。使われているとわかった電話番号が悪徳業者に売り渡されてしまうと、お金を騙し取ろうとする詐欺電話がかかってくるなどの危険があります。

まとめ

ここまでの内容を下記にまとめます。

・非通知のワン切り電話の目的は情報収集や営業

・非通知ワン切り電話への対策はキャリアや機種ごとに用意されている

・迷惑電話防止アプリであるWhoscallもおすすめ

非通知のワン切り電話がしょっちゅうかかってくるなど困っている場合は、この記事で紹介した方法で着信拒否するなどして対策しましょう。



Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!