ダウンロード
Whoscallダウンロード

ヤマト運輸のショートメール(SMS)不在通知詐欺に注意しよう

迷惑SMS対策
2022-03-28 | Whoscall

目次



ヤマト運輸の不在通知を装ったショートメール(SMS)詐欺を知っていますか?最近急増しているショートメール(SMS)詐欺。この記事ではヤマト運輸を装ったSMS詐欺の特徴や対処法について詳しく解説していきます。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウロード画面

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺の具体的な手口

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺の具体的な手口を紹介します。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は下記のような流れです。

1.ヤマト運輸から偽の不在通知ショートメールが送られてくる

2.詐欺サイトへ誘導され、AppleID・電話番号・クレジットカードなどを入力させられる

3.認証コードが送られてくる

4.認証コードを入力させられる

このような手口で、iPhoneから個人情報を盗もうとしてきます。iPhoneの場合はAppleIDがバレるだけで多くの情報が盗まれてしまうので要注意。

Androidの場合

Androidの場合は下記のような流れです。

1.ヤマト運輸から偽の不在通知ショートメールが送られてくる

2.詐欺サイトへ誘導され、悪質なアプリをダウンロードさせられる

3.そのアプリをインストールした時点で個人情報が抜き取られる

このような手口で、Androidスマホから個人情報を盗もうとしてきます。

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺への対処法

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺への対処法を段階ごとに分けて解説していきます。

1.まだURLをクリックしていない段階

2.URLをクリックして偽サイトを開いてしまった段階

3.不正アプリをインストールしてしまった段階

4.個人情報を送信してしまった場合

まだURLをクリックしていない段階

ショートメールをクリックして開いただけで、まだURLをクリックしていないなら問題ありません。

ショートメールが本物かどうかネットで検索して調べてみることをおすすめします。

ショートメールが何度も送られてくるなど悪質な場合は、対策アプリWhoscallを導入して対策するのがおすすめです。

URLをクリックして偽サイトを開いてしまった段階

URLをクリックして偽サイトを開いてしまっても、まだセーフです。Androidの場合は、アプリをインストールしていなければ大丈夫です。iPhoneの場合は、個人情報を入力しなければ問題ありません。

Android|不正アプリをインストールしてしまった段階

Androidで不正アプリをインストールしてしまった場合は、下記の対処法をする必要があります。

1.機内モードに設定して、アプリをアンインストールする

2.初期化も行う

3.サービスアカウントのパスワードを全て変更する

4.携帯電話会社に相談する

iPhone|個人情報を送信してしまった場合

iPhoneで個人情報を送信してしまった場合は、下記の対処法をする必要があります。

1.サービス関連のパスワードを全て変更する

2.クレジット会社に相談する

3.携帯会社に相談する

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺に遭わないための対策

ヤマト運輸のショートメール詐欺に遭わないための対策として、下記の3つを紹介します。


  • ショートメール詐欺の特徴を知る

  • 関連詐欺を学ぶ

  • Whoscallアプリを導入する


ショートメール詐欺の特徴を知る


ショートメール詐欺の特徴を知ることが大切です。先ほど紹介した手口などを確認して特徴を覚えておきましょう。

ショートメール詐欺は巧妙で、また年々件数が増えています。

ショートメール詐欺の特徴についてよく知るには、下記の記事がおすすめです。

関連記事

SMSに迷惑メール、いったいなぜ届く?|注意すべきよくある内容から拒否方法を解説

知らない番号からショートメール(SMS)が届いた際の対処法とは


SMS詐欺の特徴を知る


ショートメール詐欺の特徴を知ることが大切です。先ほど紹介した実例などを確認して特徴を覚えておきましょう。

ショートメール詐欺は巧妙で、また年々件数が増えています。

ショートメール詐欺の特徴についてよく知るには、下記の記事がおすすめです。



関連記事

SMSに迷惑メール、いったいなぜ届く?|注意すべきよくある内容から拒否方法を解説

知らない番号からショートメール(SMS)が届いた際の対処法とは




他の詐欺についても知る

最近は佐川急便のショートメール詐欺の他にもサービスを活用した詐欺が増えています。被害に遭わないようにするために、他の詐欺についても知っておくことをおすすめします。

下記の記事で他の詐欺についても紹介しています。

関連記事

Amazon詐欺メールが急増中!?被害を防ぐ方法や見極め方・対応方法を解説

ヤマト運輸のショートメール(SMS)不在通知詐欺に注意しよう


Whoscallアプリを導入する

佐川急便のショートメール詐欺などの詐欺への対策として、アプリ「Whoscall」の利用をおすすめします。

Whoscallにはショートメールの迷惑メッセージを自動で振り分ける機能など、ショートメール詐欺への対策に役立つ機能があります。

その他にもかかってきた電話に対して知らない番号を含め迷惑電話かどうか判別してブロックしてくれる機能もあり、電話での詐欺にも対策できます。

このアプリを入れるだけで詐欺対策が可能です。

まとめ

ここまで紹介した内容を下記にまとめます。

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺が増えている

Android場合で不正アプリをインストールしてしまった場合は

1.機内モードに設定して、アプリをアンインストールする

2.初期化も行う

3.サービスアカウントのパスワードを全て変更する

4.携帯電話会社に相談する

iPhoneで個人情報を送信してしまった場合は

1.サービス関連のパスワードを全て変更する

2.クレジット会社に相談する

3.携帯会社に相談する

ヤマト運輸のショートメール(SMS)詐欺に遭わないためには

ショートメール詐欺の特徴を知る

他の詐欺についても知る

Whoscallアプリの導入を検討する

最近はヤマト運輸の不在通知を装ったショートメール(SMS)詐欺が増えているので要注意です。

ぜひこの記事を参考にして詐欺ショートメールの特徴を確認して、騙されないよう対策しましょう。



Whoscallの番号識別機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!