ダウンロード
Whoscallダウンロード

不動産投資の迷惑電話はなぜかかってくるのか?原因や対処法を

迷惑電話対策
2022-10-02 | Whoscall

目次

「不動産投資をしませんか?」と言う内容の迷惑電話がかかってきて困っている方に向けて、この記事では、なぜ不動産投資の迷惑電話がかかってくるのか、どのような対処法をすべきかについて詳しく解説します。

不動産投資の迷惑電話にお悩みの方はぜひご覧ください。

今すぐダウンロード

不動産投資の迷惑電話はなぜかかってくるのか

不動産投資の迷惑電話がかかってくる原因は、個人情報の流出です。

なぜ個人情報が流出するのか

下記のようなことが原因で個人情報が流出してしまうことがあります。

  1. 資料請求
  2. 通販での購入履歴
  3. 同級生名簿
  4. 上場企業の役員
  5. SNS

このように様々なところから個人情報は流出してしまいます。

個人情報のリストが売られることもある!?

不動産営業の営業リストは他社から仕入れた個人情報リストであることが多いのです。

個人情報リストの売買は不正ではないのかと言われますが、不正に入手したものでなければ、違法になることはないので、個人情報リストの売買が行われてしまっています。
基本的に、個人情報の売買は本人の同意を得ることが原則とされていますが、業者はいろいろな手を使って、同意なしでも売買できるようにしてしまっています。
たとえば、本人から削除請求があった場合に削除を行うなどの条件をつけることで、売買を可能にしてしまっています。

不動産投資の迷惑電話がかかってきた場合の正しい対処法3選

不動産投資の迷惑電話がかかってきた場合の正しい対処法として下記の方法があります。

  1. 丁寧にはっきりと断る
  2. 法律違反であることを伝える
  3. 着信拒否設定を使う

丁寧にはっきりと断る

不動産投資の迷惑電話がかかってきた場合の正しい対処法1つ目は「丁寧にはっきりと断る」ことです。

重要なのは「丁寧」かつ「はっきり」断ることです。
雑に対応したり、相手を刺激するような対応をすると、余計に迷惑電話が増えてしまうことがあります。

しかし丁寧に断るだけだと効果がないので、「不動産投資をするつもりはありません」とはっきり伝えるようにしましょう。

法律違反であることを伝える

不動産投資の迷惑電話がかかってきた場合の正しい対処法2つ目は「法律違反であることを伝える」ことです。

先ほど説明したとおり、個人情報の売買は違法にならないことが多いです。
しかし電話での勧誘に関しては宅建建物取引業法において法律で禁止されている事項が多いのです。
たとえば、勧誘をする目的であることを告げずに勧誘を行うことは禁止されています。

また、こちらが契約を締結しない意思表示や、勧誘を受けることを希望しない意思表示を表しているのにもかかわらず、勧誘を継続することも禁止されています。
法律違反であることを伝えて、勧誘の電話をやめるよう促しましょう。

着信拒否設定を使う

不動産投資の迷惑電話がかかってきた場合の正しい対処法3つ目は「着信拒否設定を使う」ことです。

何度も繰り返し電話がかかってくる場合は、着信拒否設定をするのがおすすめです。
着信拒否する方法について、iPhoneやAndroidなど「機種」ごとに着信拒否できる機能があります。そのほかにドコモやau、ソフトバンクなど「キャリア」ごとに用意されている着信拒否設定サービスでも設定できます。

詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

内部リンク:新記事June1の「着信拒否」の記事

「電話に出ない」という選択肢

電話に出る前に「不動産投資の迷惑電話」であることを知ることができたら、嫌な電話に出なくて済みますよね。

弊社のサービス「Whoscall」には、かかってきた電話が迷惑電話である可能性が高い場合に、画面の表示で知らせてくれる機能があります。
電話に出る前に相手の電話番号を表示させることも可能です。電話に出る前に不動産投資の迷惑電話だと気づけるので、出なくて済みます。

不動産投資の迷惑電話がかかってきた電話番号を入力することで、その電話番号をブロックすることも可能です。
「不動産投資の迷惑電話」などに困っている方は、ぜひお試しください。

今すぐダウンロード

まとめ

不動産投資の迷惑電話がかかってきて困っている方に向けて、なぜ不動産投資の迷惑電話がかかってくるのか、どのような対処法をすべきかについて紹介しました。

このような迷惑電話にお悩みの方は、ぜひ今回紹介した方法で対処してみてください。