ダウンロード
Whoscallダウンロード

個人がネットショップを開業するための5STEP|ECサイトをオープンしたらやっておくべきことも紹介

迷惑電話対策
2022-10-03 | Whoscall

目次

この記事では個人でネットショップをはじめるためにやるべき5つのステップを紹介します。

ECサイトをオープンする際に知っておくべきことや、やっておくべき対策なども紹介しますので、興味がある方はぜひご覧ください。

今すぐダウンロード

▶︎安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

個人がネットショップをはじめる5ステップ

個人がネットショップをはじめる方法を、5つのステップに分けてご紹介します。

販売する商品やコンセプトを決める

個人がネットショップをはじめる場合、まずはじめに、販売する商品やお店のコンセプトを決めましょう。

そのあと、どのような商品をどのくらいの金額で販売していくのかを考えてましょう。
競合との差別化のためにも、コンセプトはしっかり決めましょう。

必要な手続きをする

コンセプトを決めたら、必要な手続きを済ませましょう。

ネットショップをはじめる場合、様々な許可を得る必要がありますが、扱う商品によって得る必要のある許可は変わってきます。
下記に例を紹介しますので参考にしてみてください。


商品ジャンル


必要な許可


商品例


お酒(ARC.1%以上)


通信販売酒類小売業免許

酒類小売業免許

酒類製造免許


クラフトビール、日本酒、スパークリングワインなど


高度管理医療機器


高度管理医療機器販売許可証


コンタクトレンズなど


古物(中古品)


古物商許可証


中古品、トレーディングカード、アンティーク品など


食品


食品衛生責任者免許

食品衛生法に基づく営業許可証


参考:https://baseu.jp/18456

ネットショップを制作する

必要な許可を得たら、ネットショップを制作しましょう。

ネットショップには大きく「モール型」と「ASP型」に分かれています。

モール型

「モール型ECサイト」では、楽天やAmazonなどのすでに知名度のあるサービスに出店できるネットショップします。
楽天やAmazonなどの知名度や集客力を活かしてネットショップを運営できます。
しかしテナント料や売上に応じたロイヤリティなどの費用を支払わなければなりません。

ASP型

「ASP(Application Service Provider)」型では、カート会社が提供するECプラットフォームを利用して、ネットショップを運営します。
楽天やAmazonを利用するモール型よりも低コストで運営できます。
しかし楽天やAmazonなどの知名度や集客力を活かすことができないので、集客が困難です。

サブスクリプションという手も

サブスクリプションのネットショップを運営できるサービスを利用して、ネットショップを運営するという方法もあります。

費用を抑えて運用できるというメリットがあります。
利用者には個人で運営している方が多くいてノウハウが世の中に出回っているので、わからないことが出てきてもネットで調べればすぐにわかることもメリットです。

ネットショップに集客する

ネットショップを作ったら、ネットショップで集客しましょう。

近年はSNSを利用した集客がよく行われています。主なSNSそれぞれの特徴をご紹介します。

Twitter

Twitterはリツイート機能による拡散力があることが特徴です。
トレンド性に優れていて、今話題の情報など鮮度の高い情報がわかるSNSとして知られています。

Instagram

Instagramは写真がメインなので見栄えの良いものが好まれる傾向にあります。
投稿後24時間で消える「ストーリーズ」やInstagram上の人へライブ配信できる「インスタライブ」などもあります。
ネットショップ向けの「ショッピング機能」もあり、投稿からネットショップへ移動させてそのまま購入につなげることも可能です。

Facebook

Facebookは実名登録制のSNSなので年齢・性別・興味関心・職業などが集まったビッグデータを使い効果的な広告配信ができます。
Facebookにも「ショップ機能」があり、ネットショップの商品のカタログ登録をすることで、Facebookをネットショップとして活用することもできます。

参考記事:https://find-model.jp/insta-lab/sns-marketing-ec/#EC7SNS

開業届を提出する

ネットショップで開業する際は開業届を提出します。

ネットショップを運営する場合は個人事業主として開業届を提出する必要があります。
事業開始してから1ヶ月以内に提出するべきとされていますが、とくに罰則があるわけではありません。

個人がネットショップを運営する上で知っておくべきこと

個人がネットショップ運営する上で知っておくとよいことをご紹介するので、確認してみてください。

月々の固定費を下げる

初期のネットショップは売上が上がらないので、赤字になり失敗してしまいやすいです。
赤字になるのを防ぐために、固定費を下げるのがおすすめです。
たとえば下記のような固定費用があげられます。

  • 倉庫や事務所の賃料
  • システム手数料
  • デザイン外注費用
  • 決済手数料
  • 梱包材
  • 配送料

ECサイトはランニングコストが高くなりやすいので、その点にも注意しましょう。
中でも倉庫手数料は高額になることが多いので、少しでも費用を抑えられる業者を選ぶことが大切です。

集客にお金をかけすぎない

集客にお金をかけすぎないようにしましょう。
個人の方が広告費にお金をかけて企業と戦っても勝つのは難しいです。
なので個人でも勝ちやすいSNS運用やSEO対策で集客するのがおすすめです。

参考記事:https://www.makeshop.jp/main/know-how/attract/ec-site-attract.html

電話番号対策を行う

ECサイトには特定商取引の法律で「電話番号」を掲載することが定められています。
しかし電話番号を掲載すると、仕事だけでなく営業電話などの迷惑電話がかかってくるようになってしまいます。
これの対策として弊社のアプリ「Whoscall」がおすすめします。

Whoscall」を利用すれば、電話がかかってきた時に営業電話などの迷惑電話である可能性が高いことを画面に表示して知らせてくれる機能があります。さらに迷惑電話である可能性が高い電話をブロックできる機能もあります。

今すぐダウンロード

まとめ

この記事では個人でネットショップをはじめるためにやるべき5つのステップや、知っておくべきことを紹介しました。
ネットショップをはじめる方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。