ダウンロード
Whoscallダウンロード

非通知電話は安全?かかってきた際の対処方法を解説

迷惑電話対策
2021-03-02 | Whoscall

目次


非通知でイタズラ電話や無言電話などがかかってきたことがある人は少なくないと思います。
非通知で電話をかけてきた相手が誰だかわからないとなると、不安になりますよね。

そこで、このページでは非通知電話への対処方法や、非通知電話がかかってくる理由、非通知電話に特に気をつける理由について解説します!

非通知電話はその名の通り非通知なので、システム的に発信先を調べようにも調べらません。

▶非通知電話を安心に、電話番号通知・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

非通知電話の電話番号を調べられない理由

そもそもなぜ非通知電話でかかってきた電話番号は調べることができないのでしょうか?その理由を知るためには、非通知電話の仕組みと、様々な要因を知る必要があります。

システム的な理由

184 で始まる非通知電話でかけた電話は、電話を発信した端末から接続局へ電話番号は伝わるものの、それ以降のかけている端末へ回線番号情報が送信されません。そのため着信があった端末はシステム的にかかってきた電話番号を調べることはできないです。

これは固定電話でも携帯電話でも同じです。

セキュリティが厳重

また、上記のように非通知でかけた発信者の電話番号は接続局までしか知りうることができず、一個人が商用サービスやアプリを使って調べることは、その接続局のセキュリテイを突破しなければならないため、ほぼ不可能に近いです。

非通知電話番号に関する情報は管理も厳重なことから、セキュリティ上非通知番号を調べることは困難です。

非通知電話と個人情報について

それでは、接続局に問い合わせれば番号は取得できるのではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、問い合わせたところで教えてもらうことはまずないでしょう。

それは、非通知電話番号に限らず、電話番号は個人情報として取り扱われているので、その情報は厳重に管理されており、外に出ることはないです。

おそらく、犯罪などの調査で裁判所から許可が出ない限りそういった電話番号は取得できないでしょう。

以上が非通知電話番号を調べられない理由になります。

非通知電話の対処方法

非通知電話がかかってきたらどうすればいいのか、非通知電話への対処方法を紹介します。

電話に出ない

基本的に非通知の電話には出ないようにするのが無難です。
非通知でかかってきた電話にはなるべく出ないようにしましょう。

電話に出ないとかけてきた相手はわかりませんが、非通知電話である時点で悪質電話である可能性大です!

非通知の電話に出てしまうと、自分の電話番号を知られてしまいます。
また連絡がつながる相手だと判断されるので、その後さらに非通知の着信が増えてしまうことも。

非通知の電話には細心の注意を払い、出るか出ないかの判断を慎重にしましょう。
電話に出なければ自分の電話番号を知られずに済むので、非通知でかかってきた電話には出ないようにすると安全ですよ。

こんな記事も読まれています▶電話に出るのが怖い?「電話恐怖症」とは?症状やその克服方法

電話に出てみる

非通知でかかってきた電話に出てみるという方法もあります。
非通知の電話に出ることはおすすめしませんが、どうしてもかけてきた相手を知りたいという時には出てみるのも一つの選択肢。

迷惑電話防止アプリ「Whoscall」では、アンドロイドバージョンなら非通知電話をブロックできます。

オススメの記事▶迷惑電話ストップサービスとは?主な機能と効果をご紹介

非通知の電話に出る際の注意点

ここで非通知の電話に出る際に気をつけるべき注意点を紹介しておきます。

  • 疑う

普通の電話は非通知ではかかってきません。
非通知でかかってきた時点で悪質電話であることを疑いましょう。

  • 自分の情報を言わない

安易に名前や住所など自分の情報を言わないようにしましょう。

  • 相手の情報を先に聞く

自分のことを聞かれても、先に相手の情報を聞くようにしましょう。

  • 相手の指示を聞かない

相手の指示に安易に従わないようにしましょう。

  • 相手を刺激しない

詐欺や勧誘など悪質な電話であった場合は断ることになりますが、その際相手を刺激するようなことを言わないようにしましょう。

事件性がある場合は警察に相談

電話に出てみて、事件性があると思った場合は警察に相談することも検討しましょう。
事件性のある電話であれば、警察が協力してくれることも。

次のような事件性がある電話は、警察に相談してみてください。

  • ストーカーの可能性がある場合

電話の相手がストーカーかもしれないという場合は、警察に相談しましょう。
警察がストーカー行為に当たると判断した場合、警察から相手に警告してもらえますよ。

  • 電話の相手が脅迫や強要をしてきた場合

電話の相手が脅迫してきたり、強要してきたりした場合も、警察に相談しましょう。
電話の相手が脅迫をした場合は脅迫罪になります。
行為や発言を強要した場合は強要罪になります。
脅迫も強要も犯罪に当たる行為なので、警察に対応してもらいましょう。

非通知電話は全て着信拒否にしておく

非通知電話がかかってくるのが嫌な場合は、非通知電話は全て着信拒否にしておくのがおすすめ。

「非通知電話がしょっちゅうかかってきて迷惑」というような場合は、非通知電話を着信拒否するよう設定しておきましょう。

着信拒否に設定すれば、もう非通知電話がかかってきてストレスを感じたり、悩まされたりせずに済みますよ。

着信拒否できるアプリを使う

着信拒否できるアプリを使うことで、スマホにかかってくる非通知電話を着信拒否できます。

たとえば迷惑電話防止アプリ「Whoscall」では「非通知ブロック設定」で非通知の電話を着信拒否できますよ。

また、着信拒否の詳しい記事につきましては下記記事をご参考ください。
iPhone・アンドロイドで迷惑電話を着信拒否設定方法

なぜ非通知電話がかかってくるのか

そもそもどうして非通知電話がかかってくるのでしょうか。
非通知電話がかかってくる理由を考えてみましょう。

電話番号を知られたくない

相手が非通知設定で電話をかけてくる根本的な理由は「自分の電話番号を知られたくない」という理由です。
あらゆる人が「電話番号を知られたくない」という理由から、非通知で電話をかけてきます。

詐欺電話

詐欺目的の人が非通知で電話をかけてきていることがあります。
業者などをよそおってかけてきて、口座情報など聞き出すというような手口があります。

詐欺電話によってお金をだましとられる危険があるので要注意です!
お金を請求してくるような内容の電話は、詐欺を疑いましょう。

オススメの記事▶
要注意!身近にある詐欺電話のよくある手口と今日から使える対策方法

ストーカー

ストーカーが非通知で電話をかけてきていることがあります。
好意をもたれている場合もあれば、恨みをかっている場合も。
本人に悪気がなくても、知らないうちに恨みをかってしまうこともあるものです。

電話の相手がストーカーかもしれないという場合は、警察に相談して、警察から相手に警告してもらいましょう。

知り合いのイタズラ

知り合いがイタズラしようとして非通知で電話をかけてきている可能性もあります。

元々電話番号を知っている人がかけてきた可能性も考えられますし、他の人から電話番号を聞いてかけてきた可能性も考えられます。

非通知電話かので電話に気をつけるべき理由

非通知でかかってきた電話に出ることにはリスクがあります。
非通知の電話に気をつけるべき理由について紹介します。

情報を盗まれてしまう

非通知電話には悪質な電話が多いですが、悪質な相手に自分の個人情報を盗まれてしまう危険があります。
自分の個人情報を知られてしまうと、悪用される可能性があり危険です。

電話に出てしまったら、自分の個人情報をうっかり教えてしまわないように要注意。

迷惑メールがくるようになる

非通知でかかってきた電話に出て電話番号が知られると、SMS で迷惑メールがくるようになってしまうこともあります。

一度メールがくると、長期間にわたって迷惑メールが送りつけられてしまう可能性があるので大変です。

オススメの記事▶
SMSに迷惑メール、いったんなぜ届く?|注意すべきよくある内容から拒否方法を解説

トラブルに巻き込まれる可能性がある

非通知でかかってきた悪質な電話に出てしまった場合、トラブルに巻き込まれる可能性も。
自分の個人情報を伝えてしまって悪用されることもありますし、電話で口論になってしまってトラブルに発展することもあります。

たとえば個人情報をうっかり教えてしまってお金を不正に引き出されてしまう可能性あり。

非通知電話に出る前によく考えよう

ここまで非通知電話への対処方法や、非通知電話がかかってくる理由、非通知電話に気をつけるべき理由について解説しました。

非通知で電話がかかってくることがありますが、非通知電話である時点で悪質電話である可能性大なので、出ないのがおすすめです。

相手は「電話番号を知られたくない」という理由から非通知で電話をかけてきます。
非通知で電話をかけてくる相手には、詐欺電話やストーカー、単なるイタズラなど様々なパターンがあります。

非通知電話に出る前によく考えて、安易に出ないようにしましょう!