ダウンロード
Whoscallダウンロード

フリーランスに必要な準備物7選|必要な手続きや営業方法も紹介

詐欺電話やSMS対策
2022-07-28 | Whoscall

目次


手続きなど、フリーランスになる前に準備すべきことがいくつかあります。


この記事では、フリーランスになる前に準備すべきことを紹介しています。行っておくべき手続きや仕事を確保するために行っておくべきことを紹介します。


良いスタートを切るためにも、これからフリーランスになるという方はぜひご覧ください。

▶安全・安心で快適な生活を支える、迷惑SMS・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

今すぐダウンロード


フリーランスになる前に準備すべきこと

フリーランスになる前に準備しておくべきことを紹介します。フリーランスになる前に準備しておくべきことは次の4つです。


  • クレジットカードの契約
  • 不動産の賃貸契約
  • 通信環境の整備
  • 仕事用の口座

クレジットカードの契約

クレジットカードはフリーランスになるのに必要というわけではありませんが、作る予定ならフリーランスになる前に作っておくのがおすすめです。


クレジットカードはフリーランスになることに関係なく便利なものなので作る人がとても多いです。そんなクレジットカードですが、フリーランスになると作りにくくなってしまうことがあります。フリーランスになるとクレジットカードの審査に通ることが難しくなることがあるからです。

そのためクレジットカードを作りたいと考えている場合は、フリーランスになる前に作っておきましょう。


不動産の賃貸契約

不動産契約もクレジットカードと同様に、フリーランスになった後だと審査に通ることが難しくなる場合が多いです。そのため会社員であるうちに契約することをおすすめします。

引っ越す予定の方は、不動産の賃貸契約を済ませてから、フリーランスになる手続きを行いましょう。


通信環境の整備

インターネットを利用しない場合は不要ですが、フリーランスとして仕事をするならほとんどの場合は通信環境を整える必要があります。


仕事用の口座

フリーランスになる場合は、場合によっては仕事用の口座を用意しておくと便利です。プライベート用の口座と仕事用の口座を分けておくことで、どのクライアントからいくら入金されたかなどが明確になります。開設する場合は、有名な信頼度の高い銀行で開設しましょう。


必要に応じて準備すると良いこと

続いて、必須ではないけれど必要に応じて準備しておくと良いことについて紹介します。必要に応じて準備しておくと良いことは次の2つです。


  • 名刺の作成
  • 迷惑電話対策

名刺の作成

名刺も必要に応じて用意しましょう。クライアントと対面して営業活動を行う場合や、フリーランスの交流会などに参加する場合は、名刺が役立ちます。名刺を渡すことで自分のことを覚えてもらいやすくなるからです。


迷惑電話対策

場合によっては迷惑電話対策が必要になります。

フリーランスになり、電話で営業活動をする場合は、自分の電話番号が外部に漏れることによって迷惑電話が増えてしまうことがあるからです。


そのような場合は、仕事に集中するためにも迷惑電話対策を行いましょう。迷惑電話対策に役立つアプリとして「whoscall」をおすすめします。


whoscallを入れることで、電話がかかってきた時に迷惑電話かどうかが画面に表示されるようになります。迷惑電話は無視して、クライアントからの電話などの大事な電話にだけ出ることが可能です。迷惑電話に仕事を邪魔されずに、時間を有効活用できるようになります。


whoscallの評判について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。


フリーランスになるための手続き

フリーランスになる際にすべき手続きには、次の3つがあります。


  • 開業届を提出する
  • 国民年金・国民健康保険に加入する
  • 青色申告承認申請書を提出する

開業届の提出

フリーランスになるためには開業届を出す必要があります。開業届の提出期限は、開業してから1カ月以内とされています。


国民年金・国民健康保険への加入

フリーランスになったら、国民健康保険と国民年金を支払っていく必要があります。会社員の場合は会社が手続きをしてくれますが、フリーランスになったら自分で手続きや支払いをしなければなりません。

開業してから14日以内に役所で手続きをして、国民健康保険と国民年金へ加入する必要があります。

加入した後は、国民健康保険と国民年金を支払っていけばOKです。


青色申告承認申請書の提出

フリーランスになったら毎年、確定申告を行う必要があります。

確定申告には白色申告と青色申告がありますが、白色申告には税制上の優遇措置はなく、青色申告には税制上の優遇措置があります。そのため青色申告がおすすめです。

開業届を行ったタイミングで青色申告承認申請書も提出しましょう。


1月1日~1月15日までに開業した場合は、その年の3月15日までが青色申告承認申請書の提出期限です。1月16日以降に開業した場合は、開業日から2カ月以内が青色申告承認申請書の提出期限になります。


フリーランスが青色申告をする大きなメリットは、節税になることです。 青色申告をすると「青色申告特別控除」によって最大65万円の控除が受けられます。 また配偶者などの家族が事業の手伝いをしている場合は、給料を支払うことができ、その給与を経費として申請することも可能です。


フリーランスとして仕事を確保するための準備

フリーランスとしてやっていくためには、常に仕事がある状態にする必要があります。フリーランスとして仕事を獲得していくためには次の2つが役立ちます。


  • クラウドソーシングを活用する
  • エージェントを活用する

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングサイトは仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人がマッチングできるサイトです。

クラウドソーシングサイトのメリットは、様々な案件を見つけることができることです。未経験であっても受給できる仕事もたくさんあるので、経験を積むのにもおすすめです。


しかし仕事は低単価のものが多い傾向にあります。


エージェントに登録する

エージェントを活用すると、仕事を確保するための営業活動をプロであるエージェントに任せることが可能です。

そのためエージェントを活用すると、高単価の案件を獲得しやすくなります。

しかしエージェントに登録しても、なかなか仕事を紹介してもらえない場合もあります。


まとめ

ここまで紹介した内容をまとめます。


フリーランスになる前に準備すべきこと

  • クレジットカードの契約
  • 不動産の賃貸契約
  • 通信環境の整備
  • 仕事用の口座

必要に応じて準備すると良いこと

  • 名刺の作成
  • 迷惑電話対策

フリーランスになるための手続き

  • 開業届を提出する
  • 国民年金・国民健康保険に加入する
  • 青色申告承認申請書を提出する

フリーランスとして仕事を確保するための準備

  • クラウドソーシングを活用する
  • エージェントを活用する

事前に行っておくべきことをきちんと済ませて、万全な状態でフリーランスとして仕事をスタートさせましょう。


今すぐダウンロード





電話番号識別アプリ「Whoscall」の評判・レビュー