ダウンロード
Whoscallダウンロード

+から始まる電話番号から着信|+から始まる国際電話に注意

迷惑電話対策
2021-06-26 | Whoscall

目次

+から始まる電話番号は海外からの電話番号です!+から始まる国際電話に注意


スマホの着信履歴に「+(プラス)」から始まる電話番号があるのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

+から始まる電話番号は海外からの電話番号です。

しかし最近では国際電話による詐欺が増えているので、+から始まる国際電話には要注意。

このページでは、+から始まる電話番号と、その危険性や対応の仕方を紹介します!

▶安心生活を手に入れる、電話番号通知・迷惑電話対策アプリのWhoscallはこちら

ダウンロードの画像

+(プラス)から始まる電話番号は国番号

+(プラス)の後に続いているのは国番号です。

+から始まる電話番号はすべて海外からかかってくる国際電話。

すべての電話番号には国番号があって、たとえば日本の国番号は「+81」です。
しかし日本にいる時に日本からかかってくる電話は国内電話ということになるので、「+81」と表示されることはありません。

「+81」と表示されるのは、海外にいる相手からかかってきた時、自分が海外にいる時に日本からかかってきた時、または国際電話をかける時に使う「国際ダイヤルアシスト」という機能を使っている時です。

基本的に+が表示されている時はそのほとんどが海外からの着信です。

代表的な国番号

代表的な電話番号には次のようなものがあります。

かかってきた電話番号に当てはあるものがないか見てみてください。

  • +1 アメリカ合衆国・カナダ
  • +7 ロシア・カザフスタン
  • +33 フランス
  • +44 イギリス
  • +49 ドイツ
  • +52 メキシコ
  • +61 オーストラリア・クリスマス島・ココス諸島
  • +66 タイ
  • +81 日本
  • +82 大韓民国
  • +86 中華人民共和国
  • +91 インド
  • +966 サウジアラビア

国コードの最初の数字は「ゾーン」を表していて、どこの地域からかかってきた電話なのかを表しています。

  • 1 北米・カリブ海やマリアナ諸島の国々
  • 2 アフリカ大陸の国々・いくつかの大西洋の島々
  • 3・4 ヨーロッパ
  • 5 メキシコ・中南米・西インド諸島の国々
  • 6 東南アジア・南太平洋・オセアニア
  • 7 ロシア
  • 8 東アジア
  • 9 西南アジア・中東

+から始まる国際電話番号の詐欺に注意!

最近「国際ワンギリ詐欺」が増えています。

「海外の知らない番号から電話がかかってきて、すぐに切れる」というもの。

これは国際通話料金を詐取しようとする詐欺で、折り返し電話をかけ直すと高額な通話料金の請求が届くなどの被害が出ているんです。

犯罪グループが適当に選んだ電話番号に「ワン切り」をしていて、折り返し電話をかけ直した被害者には高額の通話料金を請求します。

こういった詐欺では日本国内での逮捕例は多くなく、詳細な手口は実際判明していないです。
しかし、あくまでも憶測ですが、犯罪グループと電話の発信元の国の電話会社が結託していて、高額の通話料金を受け取った電話会社はその一部をワン切りをしている犯罪グループに渡しているようです。

国際ワン切り詐欺の想定される手口

+から始まる電話番号の中には存在しない国電話も

中には存在しない国電話から電話がかかってくるという詐欺もあるんです。

存在していない国際電話なのに詐欺電話がかかってくる番号には、たとえば「+83」や「+422」などがあります。

「武漢に大量のマスクを送りましたね。犯罪です。」などと脅されて計 400 万円以上を振り込んでしまったという被害も出ています。

他のオススメの記事▶国際電話詐欺に注意!被害事例やその対策方法を理解しよう

+(プラス)から始まる国際電話番号からかかってきた時の対応

+から始まる国際電話がかかってきた時にはどう対応すればいいのか確認しておきましょう!

覚えのある電話番号でなければ、なるべく出ないようにするのがおすすめ。

知らない電話番号だったら詐欺電話の可能性大なので、知り合いの電話番号でない限り、なるべくかけ直さないようにしましょう。

「何度もしつこくかかってくる」という場合など、必要に応じて着信拒否するのもおすすめです。

詳しくは下記の記事で紹介しているので、ご覧ください。

iPhone・アンドロイドで迷惑電話を着信拒否設定方法

国際詐欺電話の防止におすすめのアプリ「Whoscall」

国際電話詐欺を防止するのにおすすめの迷惑電話防止アプリ「Whoscall」を紹介します。

Whoscallアプリを利用すれば危険な国際電話を簡単に拒否できます。

Whoscallを利用すると、電話がかかってきた時に電話に出なくても危険な詐欺電話かどうか教えてくれます。もちろん公的機関などを含む他の電話番号も、着信履歴にも自分が電話帳に登録していない電話番号であっても、Whoscall のデータベースをもとに識別されます。

whoscallの番号識別機能

Whoscall には、詐欺電話がかかってくる電話番号をはじめ多くの電話番号が登録されているデータベースがあります。

このデータベースを使って危険な詐欺電話かどうか判別できるのです。

Whoscall のデータベースは東アジア最大のビッグデータベースなので、直近発生している勧誘電話から国際的な詐欺電話幅広い迷惑電話に対応しています。

他のオススメの記事
非通知電話は安全?かかってきた際の対処方法を解説
無言電話の目的・かかってきた時の対処方法・なくすための防止方法を紹介
【もう悩まない!】勧誘電話の撃退方法や事前に防ぐ方法は?

whoscallを使うと自動で番号を識別してくれる

固定電話の着信拒否設定のように、電話がかかってこないように設定することもできます。

Whoscall の着信拒否設定には、指定番号の着信拒否(手動的)と自動着信拒否、二つの機能があります。

手動着信拒否は、着信拒否リストに番号を追加することで特定の番号からの着信をブロックできる機能で、一方自動で着信拒否は、Whoscall 独自のデータベースやユーザーから報告された頻発している迷惑電話番号を特定し、着信拒否リストに番号を入力しなくても、悪質な電話番号である可能性のある電話番号などを自動でブロックできる機能です。

自動着信拒否機能の設定方法

    先に Whoscall アプリ内で公開済みの電話番号を検索できるので、Whoscall のアプリで調べて「頻繁に報告されている詐欺電話だ!」とわかったら、着信拒否設定して電話がかかってこないようにすれば安心。

    このように迷惑な詐欺電話に時間をかけずに対策できて、安心してスマホを使えるようになりますよ。

    さらに今は無料トライアル実施中です!無料トライアルではプレミアム版を期間内無料で体験できます。

    まとめ

    ここまで+から始まる電話番号と、その危険性や対応の仕方について紹介しました。

    スマホに+から始まる電話番号からかかってくることがありますが、+から始まる電話番号は海外からの電話番号で、国際電話による詐欺である可能性があるので要注意です。

    +から始まる電話番号からかかってきても安易にかけ直さないで、しつこくかかってく場合はアプリなどで対策しましょう!

    Whoscallの番号識別・迷惑電話対策機能を活用してすぐに着信相手を識別、誰からの着信か悩む必要なし!